念願のムレスナティーハウスKYOTOへ♪

昨日、新大阪にセミナーに行った帰りに時間があったので、前から行きたいと思っていたフレーバーティー専門店で
まったりお茶してきました♪
京都には時々行ってたのに、なかなかいけなった気になるお店。

京都四条の「ムレスナティーハウスkyoto」

私は以前から、このムレスナのフレーバーティーが大好きハート

紅茶は金沢のアミングさんでも購入できるけど、スィーツも気になってた。

ここのフレーバーティーは香りがほんとうにうっとりして、飲むアロマテラピー。

脳みそにじーーーーーーーぃぃんと来るの。

大げさかもしれないけど、私の場合は特に疲れているときなんかは

あまりの香りの素晴らしさに、しばらくは何も考えられない。考えたくないという感じ。

お店によってスイーツの種類も違うらしいですが、私はワッフルセット¥1380にしました。

ストレートティーは季節のおすすめフレーバーの中から「フルーツココア」フレーバーの紅茶。

甘すぎないココアとフルーツの香りが、飲むとじぃーーーーんと・・・・

やっぱり鼻の奥を通って脳みそにしみこんできました。

うっとりです〜。ううぅ来てよかったぁーーー

ムレスナティーハウス

紅茶はティーポットで出され、大き目のカップに3杯くらいたっぷりあります。

外はサクサク、中はふんわりの絶妙のワッフル。こんなワッフルが食べたかったの。

なかなかお腹のふくれるセットでした。

お店の中はゆったり落ち着いた感じで、ひとりでまったり過ごせる。

ひとりでお茶してる女性もちらほら。

ママとものグループがにぎやかにおしゃべりしてるのも、なぜだか全然気にならなかった。


今度は¥1.800のチャイの飲んでみたいと思います。

1杯(?)¥1.800のこだわりのチャイってどんなんかたのしみやわ〜♪


 

岸和田〜京都



久しぶりの岸和田城。
秋の空に映えて
なんだかキリッとしてるなぁ。

秋空は雲を眺めていて飽きない。

雲のかたちをみて色々空想するのが楽しくて。


明日は、とても久しぶりの京都
気功の学校の「体癖講座」に参加して金沢に帰る。
今回は何番の色合いが強くでてるかな。

場所、人、学びをつなぐ関西の旅の途中です。




名古屋めいぶつ

ひさしぶりに名古屋へ。

名古屋の朝といえば、モーニングでしょ!





これが全部モーニングセットのメニュー。

しかも!終日モーニング!!

もはや、モーニングの枠をこえてるね。

サンドイッチのセットもトースト、サラダ ゆで卵セットも、小倉トーストも
399円。


ちなみにこの店のコーヒーは399円。


オプション100〜200円で、プリンやアイスクリーム、スープなんかも付けられる。

名古屋のモーニング

楽しすぎ〜(*^ー^)ノ♪

街のリズム 自分のリズム

久しぶりに東京に滞在した。

東京のまちや人のリズムは、大阪とはまた 違う。
もちろん金沢とも。

知らず知らずに、からだが戦闘体勢に入って、筋肉がきゅっとしまっていた。

それに気づいたのが、帰宅に向かう途中歩いていた時。

まだ東京にいたんだけど、用事を全て済ませてもう帰るぞ!っと帰宅モードに頭が切り替わっていた。
すると、足や腰、お尻、股関節の筋肉がふっと緩んで歩くのが楽になっていた。

人は頑張るとき、いろんな場所を固めてしまう。足やお尻は踏ん張る時に固めてしまうんだな。再確認した体験でした。

どこでも、自分が自分らしくいられると
楽なんだけど。

でもそれは、外の要因のせいではなく
自分にそれを許すかどうかの
自分の問題なんだろうと思う。



高野山

世界遺産の高野山に行って来ました。 

この数日間が、4日間とは思えない濃密なトレーニングのオフ1日目。 

一緒のメンバーも皆、あたまoffモード。

 乗り過ごした! と慌てて降りたらまだ手前 だったり 快速に乗ったつもりが、普通だったり 

それでも、誰もきずかないし、まいいか!と流れに任せて進んだら、

案外ベストに行けてた。 そんなまったりした日だった。 

 奥の院の参道にある、企業の追悼碑などが珍しく

 加賀前田家のお墓や親鸞様のお墓にも参って来ました。

 金剛峯寺の石庭は日本一広いそうで、雄雌対の竜に見立てたお庭。 見事でした。 

 お寺にいた、高野くんマスコットと記念撮影しました。

 
次回行くことがあれば、瞑想体験もしたいです。

 何だか、あたま空っぽにできた、いい1日でした。

京都野草酵素の会&奈良まち・NAOT

はせがわ
 
先の土日は関西にいました。

土曜日は、京都の市街地から車で20分ほどの峠で全国の気功仲間の皆さんと一緒に

野草酵素作りの体験会をしました。京都、兵庫、和歌山、滋賀、鳥取、神奈川と様々な地域からのご参加です。

平地より標高が少し高いせいか、草の生育が平地より遅かったので、野草2キロ程の量で体験していただきました。
3キロ摂るのはなかなか大変なので、時間もコンパクトになって丁度よかったと思います。

また地元に帰ってお友達に伝えていただき、じゃんじゃん作っていただけたら嬉しいです。

京都野草酵素


京都野草酵素


宿と会場の交渉連絡などお世話や送迎をしてくださったあゆみさん。下見やお買い物を手伝ってくださった佳子さん。荷物を送ってくださったあけみさん、みさおさん。集まってくださったみなさん、ありがとうございました。
大人の修学旅行みたいで、みなさんと交流できて楽しい時間でした。こころから感謝です。

それから、氣持ちよく施設を提供していただき、宿泊させていただいた はせがわさん にも感謝。

ここは、じつは森の中の素敵な洋食屋さんなんです。→山の家はせがわ



長谷川ハンバーグ

夕食のきのこデミグラハンバーグ、コーヒー付で¥1.400  おいしくてお腹いっぱ〜い♪♪♪

デザートのプリン(別注文)もめちゃ濃厚でおいしかった!
(ちょと人のをお味見。今度1個全部たべたいな)

はせがわ




お店の一角には気持ちよさそうなハンモックが・・・

はせがわ      ちょっと揺られてみました。



翌日の日曜日は、主人にお迎えをお願いしてあったので、帰宅があまり遅くなりたくなくて
(疲れている主人がかわいそうだから・・)

すぐに帰ろうと思っていたのですが、せっかくだから去年の冬からずーーーーーとお預けになっていた

念願の奈良の「風の栖(かぜのすみか)」さんへ、大好きなNAOTの靴を買いに出かけました。

サボ、サンダル、ブーツを持っているので、一応どのシーズンもNAOTで過ごせるのですが

やっぱり同じものばかり履くと靴が痛むので、ずーっと大事に履きたくてこれからのシーズン物が欲しかったのです。

2足大人買いしちゃいました。これでしばらく奈良に行けなくてもだいじょうぶかな。

NAOT


ネット通販もできるけど、靴によって合うサイズが若干違うので、実際に履いてみてよかったです。

私は普段22.5〜23.0センチなので、サボや靴は36サイズでいいのですが

上のサンダルは36だと指が飛び出したので、37にしました。(軽くていい感じです^^)



この靴の良い所であり困ったところは・・・・・

履き心地が良すぎて、他の靴が履けなくなってしまうところ(笑)

履き心地の鍵を握っている中敷は入れ替えできる物がほとんどだし

靴底も修理できるので、大事に履けば10年以上はける。本物の靴です。

NAOTはインソールが気持ちいいので、買いたての時こそ、はだしで履くと砂の上を歩いているようで
足の裏から幸せを感じます。(五感が刺激されるんだろうなー) 

インソールを取り出して洗えるので、清潔に保てます。


今回の旅は、観光シーズンでJRの自由席がまさかの往復満席!帰りは1時間以上立つハメに(涙)

それでも、NAOTのおかげで足腰どこも痛くなく過ごせました。

立ち仕事の方で、この靴を履いてから腰痛や肩こりがなくなった人も多いそうで

靴って大事ですね。

サムゲタン



昨日は往復夜行バスという強行日程で、いちお日帰り東京へ。

1年ぶりの東京。久しぶりの夜行バスはつかれるわ。

でも、とても楽しみにしていた、カート・シュナウベルト博士のアロマセミナー

やっぱり行ってよかった!

セミナーは一日。午前のセミナーを夢中になって聞いていたものの

お昼になると、足のだるさや背中の痛みが気になりだしてどっと疲れが・・・。

韓国料理店で石焼ビビンバを食べようと思い入ったけど、サムゲタンがランチにあったので変更しました。

昔、韓国旅行で食べたサムゲタンのおかげで、旅行中体調が良かったのを思い出して。

久々のサムゲタン、丸ごとにんにく1個、朝鮮人参、ナツメと韓国の漢方がいっぱい入ってる。

にんにくはよく煮てあるので臭わない。人参もナツメも全部美味しく食べました。

そのおかげで、午後のセミナーは眠くなるどころか、気力が満ちてきて午前中より集中してました。

からだもなぜか痛くなくなってきました。 帰りのバスは行きよりランクが下の普通シートバスでしたが

疲れもなく元気です!

薬膳のちからを思い知ったエピソードです。 うちでもサムゲタン作ってみようかな。







 

ツタンカーメン展に行ってみた


大阪ツタンカーメン展

 
春分の倍音声明セミナーのあと時間があったので、

47年ぶりに来日という「ツタンカーメン展」に行ってみた。

祝日だし混んでるだろーな。と覚悟して行った。

大阪港駅をの改札を出た構内に既に、看板を持った係員がいて大声を発している。

「ツタンカーメン展はただいま入場2時間待ちデース!」

やっぱりか。予想通り。

それでも、空気だけでも吸ってこようかと会場の様子を見に行った。

もしかしたら、現地では時間が縮まっているかもしれない。なんて淡い期待を持って・・・

しかし、私たちが滞在していた1〜3時位の間はずっと2時間待ちのままだった。

私たちには電車の時間があったので、今回はあきらめた。


結局、ミュージアムショップには入れたので図録やお土産を購入。

人気の品は売り切ればかりで、レジの列も5分待ちくらい。人が多くて商品をじっくり見るのはむずかしい。

値段はけっこう高めかな。

雰囲気に呑まれて、冷静さを失う人は要注意!

気がついたら予想外のお買い物をしているかも。(大汗)

売店の会計待ちの時に、前に並んでいたエジプトマニアらしき女性と話したら

彼女は90分待ちで、中を見るのに2時間かかったと。(ゆっくり見られたんでしょうか)

今回は大きい仮面は来日していなくて、内臓を納めてあった小さい仮面が注目の展示物。

それでも、普段はエジプトに行っても見られない、イギリスや他の国にバラバラに散ってしまった秘宝が
一同に集まって見れるので貴重な展覧会だとのこと。


6月まで大阪、8月から東京であるから、どちらかに行けたらまた行くわ。

今度は、ツタンカーメン展を見るだけのツアーにしないとね!念のため4時間は時間を確保しておかないと。 
平日はもう少し空いてるみたいだけど。 

会期の最初と最後は混むからしょうがない。


しかし、グッズのダジャレ商品が(苦笑)

こんなの、よく公認で作れたなー。と主人曰く。


黄金のラスク

黄金のマスクならぬ 黄金のラスク↑  ¥840

(中のラスクはまあまあ美味しかった。ピカピカの箱はぜひ飾っておこう!笑)


ツタンカー麺1

ツタンカーメンならぬ ツタンカー麺 (塩味インスタントラーメン)¥315

なぜか醤油、味噌味はなかった。

まだ、高級すぎて食べられない・・・


ツタンカー麺2


よだれが・・・


このポストカードも売ってた。買う人いるの???











紅葉の旅 京都 2日目(清水寺、高台寺)

12/5 2日目は月曜日。

地下鉄五条駅近くの、古民家風の新しいゲストハウスに宿泊。

個室で¥4.200 京都の街中でこの設備、お値段は素晴らしい。また使います。

外観からも中の快適さが伝わってきます。(ゲストハウス自遊人)

ゲストハウス自遊人


前日にライトUPなどの特別拝観が軒並み終わったせいか 

意外に少なめの人出でした。清水寺だけは、修学旅行と海外観光客の団体さんが多かった。

こちらのほうは、紅葉はやや終わりかけでした。

清水寺清水寺


音羽の滝の霊水でお清め。修学旅行以来

清水寺


ただ、その時代と違っていたのは・・・

お寺も衛生管理をしっかりハイテクでしてたことだ!(笑)

清水寺

お水取りの柄杓入れ。
お水を取る柄杓は、不特定多数の人間が使用するからね。(直接口つける人もいる)

清水から高台寺へ。ここの石庭で瓦龍があるというので、それを見たくて。

高台寺 龍

震災復興を願って、古瓦で2頭の龍が描かれている。迫力満点。




最近岩石が好きなので、庭石も気なって・・ふちの何気ない石もきれい

高台寺


高台寺

 
高台寺
 
枯れかけた苔とやさしい色の紅葉が暖かいハーモニーです

高台寺

青竹と紅葉のハーモニーも美しい


高台寺

も一つ発見して新鮮だった、紅葉の粋な楽しみ方

青竹のブラインドから、チラリと垣間見る紅葉 あまりの美しさに感動
ほんとうはこの数10倍も美しかった!

こういう紅葉の愛で方を、きっと北の政所、ねねさんも楽しんでいたに違いない。


高台寺
 

高台寺を後にして、四条から三条まで鴨川をふらっと散歩。

旅の締めくくりに、三条のスタバで鴨川を見ながらぼーーーっとお茶するのがお目当て。

そしたら、30分の間に2回も虹をキャッチ。奇跡〜






加茂川と虹

1回目の大きな虹



加茂川と虹

2回の虹 よく見ると外側にもあって Wの虹でした この虹は随分長く出ていました。


実はこの旅で虹は3回目。旅の始まりの京都へ向かうサンダーバードの中でみて、

旅の締めくくりにまた虹。



京都に通った一年そのものが、祝福された「旅」 だったのかもしれません。


気功の学校に通えて本当に幸せだった。


変化と自立。旅立ち。  虹はそれを示してくれている。


そう空想してみる。 自分の空想がこの世を作るのだから

都合よくそれを使おうとおもう。 

ぶれない自分軸。これからも自然を先生に気功的人生を歩いていく。

紅葉の旅 京都 1日目 (山科・毘沙門堂)

12/4、5と京都の紅葉を楽しみました。今年は遅かったそうで、地元民曰くいいタイミングだったそうです。 

一日目は 山科の毘沙門堂 気功の学校の始まる前に1時間半ばかり。

日曜日とあって、見物客でいっぱい。駅からの道のりは道が狭く、警察が交通整理にでてました。

朝日を浴びてる紅葉がまぶしかったです。

画像では伝えきれない美しさでした。

毘沙門堂

毘沙門堂

毘沙門堂

毘沙門堂
毘沙門堂

毘沙門堂