色のパワーで体調を整える!


先月末から忙しく動いていたせいか、久しぶりに疲労感がどどっと出てきてました。

人間だから、動きすぎたら疲れてあたりまえ。

なのに・・リンパケアで若い頃よりかなり動けるので、忘れてた・・。

ちょっと貧血気味だったようです。

以前なら、出かけることも、家事もできないくらいに疲労困憊して寝ていたものですが

今は基礎体力がUPしてるから、普通に家事も仕事も外出もできます。


でもこんな時は、いつもより私は色に敏感になるようです。

今日はめったに着ない「赤」を身につけたい。

アンダーウェアも外側も、できる限りの赤を身につけてみると

なんだかしっくりくる。



そして、元気に動けるのですよね、ふしぎ。

貧血に赤がいいのかはわかりません。

ただ、今の自分は赤を光線として(波動として)必要としていて

動くためのエネルギーになった。

からだが必要とするものは自然と欲する。食べ物も色も一緒なのかも。

そんな時は、からだの自然に任せて、考えずに直感で動くとよい。

色で体調を整えることもできることを体験できた出来事です。





金沢市の自然療法サロン 
ボディーワークスペースSeeds(シィーズ)
 
お役立ち情報の提供とともに様々なワークショップ&セッションを提供しています。
毎月ある交流会もリンパケア、レインドロップなど充実しています。交流会で自分のからだ整えませんか?
  毎月の交流会、講座情報はこちら
 

抹茶モンブランを色彩分析してみる

今日ひさ〜しぶりに近所のケーキ屋さんでケーキを購入。

子供の頃からある小さなケーキ屋さん。今は2代目に継がれている様子。

イチゴショートとプリンアラモードがお気に入り♡

いつも新しいケーキを出していて、工夫している感じがいい。

そして、今回発見の「抹茶モンブラン」

息子がチョイス。




「ショーケースで見た印象とちがう・・・」と息子。 我が家の蛍光灯の下では色が・・

抹茶クリームの上の白玉、工夫がうかがえるが。。ちょっと寂しそうな印象。金粉でも乗ると違うかな?

最近、抹茶ブームのスィーツ男子は、見た目、バランスなどこのモンブランに納得がいかないらしい。

うーんこれって抹茶色?

彼は、色彩の授業でカラ―チップを使っての勉強を始めたばかりなので

さっそくチップを出して、色を見てみると・・彼のチップにはずばり該当の色がなく

私の色彩心理のカラ―チップでみると、Bacic−Dark のクロムグリーンが一番近い。

グリーンの中でも一番暗い色調の色。(上から5番目)




深いグリーンは、おそらく地球上に初めて現れた、原初の生物である植物の色。

生き物のご先祖さまの色なのだろう。

海の中の海草(モズク、わかめ、葉緑素の色?)、地上に上がってシダ類の色がそれにあたる。

だから、なんとなく懐かしい感じもする。



一般的な世の中の「抹茶」のイメージを崩して、「伝統的な」落ち着いたイメージにするならぴったりかも。

和菓子向きなのかな。抹茶羊羹とか。

大人の抹茶ケーキをイメージするならぴったりの色だし、

この色を生かすなら、もう少し使う面積を減らして 

白いクリームを見せちゃった方が良かったのかな〜なんて

素人なりに考えてみた。


ケーキの一般的なイメージって、個人的には「ふわっと」「やわらかい」「パステル」「暖色」だと思うなどど

息子としばし「どうしたらこのケーキがもっとおいしくなるのか?」「どこが問題なのか?」

談義して、抹茶の配合が多すぎるんじゃ!ってことで終了。


ただ、見た目の地味さとはうらはらに、ケーキの中身は盛りだくさん。

抹茶クリームの下には、大納言、クリームそして白玉があと2個隠されていた!

発想がおもしろいケーキです。がっつり甘くてボリューミーが好きな方にはおすすめかも。



今回思ったことは

食品に使う色彩ってやっぱりイメージが大切。

日常にたくさんある色彩も、さりげなく配色されているけれど

かなり、考えられているんだな〜とちょっとした違和感から感じることができました。

彼にとって、色彩をおもしろがれるきっかけになればいいと思う。




金沢市の自然療法サロン 
ボディーワークスペースSeeds(シィーズ)
 
お役立ち情報の提供とともに様々なワークショップ&セッションを提供しています。
毎月ある交流会もリンパケア、レインドロップなど充実しています。交流会で自分のからだ整えませんか?
  毎月の交流会、講座情報はこちら

 

色彩セラピーワークショップ開催しました



今日は「自分のバランスカラーに出会う」というテーマで、色彩心理セラピーをしました。

色彩には、言葉では表せない感情を感覚的に表現できる利点があります。

「ことば」以前の感情。

まだ形のない、「つかみどころのない気持ち」たくさんありますよね。

それを表現してみる。

すると今の自分が見えてきて、 受け止めることで再生が始まります。

日常生活では、目先の予定や時間を優先した生活を送ることが多いので

今ここにいる自分の気持ちやからだの状態に気づけずにいます。



ワークのはじめに、人によって色の言葉は違うんだよ〜という体験をしてもらいました。

これ、毎回面白いんです。人数が多いほどいろいろあって。

「痛い」「気持ちいい」「きらい」「好き」 という4つの言葉を色とイメージで書いてもらいました。




たった4人の中でも、色や形にこれだけ違いがあります。

表現に正解はありません。

感じ方はおなじではないということを知ってもらうためのものです。

けっこう楽しんでいただけました。ウォーミングUPです。


次に、「今の自分を感じてみる。」ということで、今のからだや気持ちを感じながら

塗り絵に色をつけていただきました。




そして、これを書いた時に感じたことなどをシェアしていただき、見た人の感想ももらいました。

(強制ではないので、みせたりシェアしていただくのは自由です。)

ここでも、新しい発見をしたた方がいらっしゃいました。

自分の思っている印象と見た方の印象がちがう場合に、「そういう風にも見えるんだな」とすっと入ってきたなら、

その瞬間、自分の見方の枠が少しひろがり、ちがう角度から現状をみる目をもつことになります。

これが、ほかの人と一緒にワークするおもしろみです。



最後に、自分がいいな、好きだな、と思う塗り絵を選んでもらい気持ち良く塗ってもらいました。

自由に書きたい方もいて、塗り絵をではない方もいました。

初めてで絵を書くことに抵抗がある方、好きな絵柄がある方は塗り絵を選んでもらうことが多いです。





  






最後に総まとめ。

自分の作品を並べてみて、時間の変化とともに、色や印象がどのように変わったか

などを少し専門的に心理カラーチャートを使って見てみました。




こころの移り変わりは、色の彩度、明度などに現れることもあります。

今日は、自分が元気になるカラーを見つけたり、自分のニュートラルはどんな感じなのかをざっくりつかんで

いただけたのではないでしょうか。

最後に、自宅でのセラピーの活かし方を私の実例を紹介しながら提案させていただきました。


色彩セラピーはひょっこり深層から出てくる、古くてあたらしい自分との出会いにとても役立ちます。

私も、たくさんの自己発見、人間関係での発見があり、いまだにその途中です。


奥が深いので、回を重ねるごとに自分探究を深めるワークができます。

次回は未定ですが、シリーズでしてみるのも面白そうだなと思っています。

「自分発見ワーク」のリクエストがありましたら、お寄せ下さい。


ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました。




金沢市の自然療法サロン 
ボディーワークスペースSeeds(シィーズ)
 
お役立ち情報の提供とともに様々なワークショップ&セッションを提供しています。
毎月ある交流会もリンパケア、レインドロップなど充実しています。交流会で自分のからだ整えませんか?
  毎月の交流会、講座情報はこちら


●ご予約おといあわせはここから





























 

立春からの 色彩アートセラピー

最近 空の色や、光、空気の中に春を感じます。

眠っているように見える木の枝の先には、膨らみつつある花のつぼみがあり

土の中では野草が芽を出す準備をしています。

私たちも自然の動きに同調している生き物。

体内リズムは春へとエネルギーが動きだしています。


そこで、久しぶりに色彩アートセラピーの体験ワークを

2/14(日)10〜12時 開催します。

色を楽しむセラピーなので、必ずしも絵を描く必要はありません。

色と響きあう2時間です。

自分の中で動きだしている、春へのエネルギーを一足先に表現してみます。


春のキーワードはいくつもありますが  動く めぐる 交流する ・・・

自分にとっての春を探究する楽しい時間になるとおもいます。


まだお申し込み受けつけています。(参加費千円)

きになったら、ふらっと参加してみてください。





こちらは以前、色別テーマのワークショップで行ったものです。

にじみ絵を楽しんだ会でした。

今回はまた少し違う感じでワークを進めるとおもいます。








金沢市の自然療法サロン 
ボディーワークスペースSeeds(シィーズ)
 
お役立ち情報の提供とともに様々なワークショップ&セッションを提供しています。
毎月ある交流会もリンパケア、レインドロップなど充実しています。交流会で自分のからだ整えませんか?
  毎月の交流会、講座情報はこちら


●ご予約おといあわせはここから


 

色と香りの春うららワーク♪

春 ふわぁーっと緩む季節。

最初に今日好きな香りを選んでいただき、
嗅いでリラックス。

いつものセカンドステップ方式で、
まずは今のモヤモヤやスッキリしたい感じを紙の上に出していきます。

緩むと奥にあったものが、いろいろ表れてきます。

今日はそんな感じの参加者のみなさん。

次々と書きたいものが出てきて・・

あっという間に、ひとり6〜9枚くらいになりました。


エネルギーが動いてますね!
春だな〜(^^)


心の景色が変わると色や形も移りかわる。


最後は、気持ちを ゆるめ 溶かし ふわっと柔らかく。

水をたっぷり含ませた画用紙に、水彩絵の具を乗せて、にじんでいく様子を味わいます。

なにを書くかではなく


線や境界のはっきりしない色のにじむさま

移ろいゆく変化、予想のつかない出来上がりを

眺める事そのものを楽しむ。


つい夢中で没頭しちゃいます。(*^ー^)ノ♪













「線を書いて形を作らないって、なんだか気持ちいいです。」

そうおっしゃったYさんの感想に

私も共感。


色のワークで満足したあと、

ご希望で香りのロールオンを作りました。


色のワークの続きを自宅でも香りが

バトンタッチして続けてくれるでしょう。


暖かさが本格的になる頃に、
大きい模造紙におもいっきり表現できるイベントを企画したいと思います♪


お楽しみに!







金沢のアボリジニアート展  8/26まで





 友人からの情報で、8/18〜26しいのき迎賓館でアボリジニアート展をやってることを知りました。

なんと入場無料〜(ホントにいいの?)

土日には、アボリジニアートの作家さんと一緒に絵が書けるワークショップもあるそうです。

これ、オーストラリアでは、やってないんだって。

詳細はこちら
http://landofdreams.com.au/announcement/816




4年くらい前、東京の新国立美術館で見て、とても感動した記憶があります。

展示スペースが広く、壁一面とか天井から床までの大型の作品が多くて

とにかく作品のエネルギーに圧倒されました。そして知らないうちにポロポロ泣いていました。

魂に響くと、時々こんな事が起こります。

その頃は、色彩心理を学びながら自分の中のこころの傷と向き合っていた頃でした。

特定の色との個人的な繋がりは意外に深く、私もどうしても好きになれなかった色があったのです。

(時としてその色は、特定の人や思い出と結びついていることがあります。)

この、アボリジニアートは、その色のよい面を見せてくれ、実はその色を自分が好きだったことを気づかせてくれた思い出のあるアート展です。

自分の中の何かを揺さぶられるアートであることは、間違いないでしょう。

今回の作品はどんなものがあるのか・・・

早く行かなくちゃ!と今からワクワクしています。

色彩講座 atアカシア公民館

今日は昨年の金沢市女性センターアロマ講座に参加されていた
公民館の方の依頼で
内灘町アカシア公民館で色彩セミナーをさせていただきました。
内容は「魅了、脳力UP!カラー講座」
色彩を生活にどう生かすか?を中心にお話、ワークしました。

これから数回通年で行われる「わくわく教室」の開校式を兼ねた講座だったので、
27名という大人数での講座になりました。

年代は60〜70歳の住民の方々。
私もこの年代の方々と色彩ワークをするのは初めてだったので
どんな講座になるか楽しみでした。

みなさん自分の魅力をUPしたい!と意欲満々の方々で
すでに充分魅力的な皆様でしたが、色彩ワークの中で
自分の気づいていない、魅力を発見していただけたら
うれしいです。

これくらいの人数だと、本来インストラクターがあと2〜3人いた方が
細かなフォローができたのですが
グループごとの細かいフォローをする時間が取れず、少し心残りでした。
今日の講座の中から、一つでも生活のヒントになる事があれば
いいなと思います。





色は波動
心やからだに影響を及ぼし
感覚を刺激して物の見方も広げてくれる。

人生に色がなかったら、どんなにつまらないでしょう。
好きな色も、苦手な色も・・たくさんの色と関わって
人生を豊かにするお手伝いを
できる範囲で続けていこうとおもいます。














色彩がくれる元気

sakura

昨日久しぶりに
色彩学校のときのクラスメートとカラーセラピーの事や
その後の活動などについて話し盛り上がった。

彼女は教育関係の事業に携わりながら
週末は定期的に、ライフワークであるカラーセラピーの講座を開く。
色彩心理セラピーは他の卒業生と勉強会をして続けているそうだ。
離れてひとり孤独に活動していると、こういう話を聞くと元気が出る。

以前、彼女にカラー診断をしてもらい
自分に似合う色を見てもらったことがある。
(色彩心理ではこういうカラー診断はしない)
そのときに、自分が映える色があることを発見した。
しかし、好きな色が必ずしも映える色ではないこともある。

その問題をどう解決して自分に取り入れるのか・・
などを話しているうちに、なんだかワクワクしてきた。
色彩にココロが向くと、気持ちにもいろどりがふえる。
色も音も香りも全て波動だから。

春の光がさしてきて、そろそろ活動のときが来たよ!と
体も自然からのメッセージを感じ取っているのだとおもう。

いつか彼女に金沢でヒューマンカラーのセミナーを
開いてもらえたらいいなと思っている。
いつもインスピレーションをくれる、
彩りをもったステキな友人のひとりだ。




子育て支援ネット・色彩セラピー講座

本日は、金沢市の子育て支援事業で、子育て中のママのための
ストレスケアとして色彩セラピーワークを金沢市女性センターで
させていただきました。参加者は34名でした。

1〜3歳のお子さんを持つお母さんたちが対象で、中には
こどもの預け先がなく、普段なかなか自分の時間を持つのが
難しい方もいらっしゃったようです。ほんの数時間でも子供と離れて
自分の時間を持つことは、お母さん自身が元気を取り戻し、自分に帰ることができる大切な時間です。

私自身フルタイムで働き子育てしていたときは、産休中より仕事にでてからのほうが気持ちにゆとりを持って子供に接することができました。
私の場合は、たとえ仕事であっても”自分の思いどおりに動ける”ことが
精神的に楽だったからです。
トイレに行きたいときに行ける。お昼休みがあってゆっくり昼食を取れる。といった当たり前のことが一日中子供と一緒だとできないからです。
”自分の時間を持つ”とは、何もどこかに遊びに行きたい・・といっているわけではないのです。
ただ、普通に自分のリズムで生活できるひと時が欲しいだけです。

育児のストレスって、そういう日常的な小さなものが、いくつも重なって
蓄積されるものだと思います。

今日は、楽しむワークだけでなく、クレヨンや色鉛筆を使って、画用紙にストレスを表現する、吐き出すということもしてもらいました。
初めてで、他の人達と一緒で・・思いっきりできなかった方もいるかもしれません。
でも、その後書いたものについて少しグループでお話していただくと、具体的に自分の状況などをお話されるかたも多く、グループ内で共感が起こっていたようです。
ピアカウンセリング的な要素もあったのではないかと思います。
子育て中という同じ状況下にある人達が、気持ちをシェアする利点が今回のワークでは生かされたのではないでしょうか。

デトックスワークの後は、リラックスワークを水彩などを使いながら体験していただきました。楽しんで下さったようです。
最初、席に着かれたとき不安そうなお顔をしていた方も、帰りには笑顔がこぼれていたのが嬉しかったです。
その笑顔は、きっと家族のもとにもお持ち帰りされたことでしょう。

新型インフルエンザ救援塗り絵

新型インフルエンザは幸いにも石川県にはまだ
発生していないようですが・・
爆発的に広がった、神戸では町は異常な状態だったようです。
学校や保育園の休校、商店街の閉鎖など
大人も子供も、目に見えない恐怖に相当のストレスを味わった様子です。


これをいち早く何とかケアできないかと、世界こどもクレヨン基金
で代表の方(神戸市在住)が配布された塗り絵のご紹介です。
外に出られず、大人の緊張状態を察し自分もストレスを溜めた
子供達のメンタルケア用に無料配布された、ストレスケア用の塗り絵です。
大人ももちろん使ってください。

インフルエンザ以外の、日常のモヤモヤデトックスにもお使いいただけます。
コピーフリーですので、ドンドンお友達にも教えてあげてください!

塗り絵のダウンロードはこちら