今日のビオダンサ

今日は久振りのビオダンサ。
前回参加できなかったので半年ぶり。

体調と気分が、月のめぐりのおかげでイマイチだったのですが
からだを動かしていくうちに目覚めてきて・・
最初は「たましいここにあらず」だったのに
だんだん遠いところから戻ってきた。

最後はからだと魂がちゃんと一体化した感じで
意識もしっかり目覚めて元気になりました。
毎回体験が違うものですね!

からだを動かし、感じることは
「今現在にいる」ことを助けてくれる。

きょうも新しい発見ができた。
ありがとう。


3回目のビオダンサ終了しました

今回は小さいグループでのビオダンサでしたが
あたらしい参加者を迎え、また今までとは違った雰囲気の
エクササイズになりました。

ビオダンサでは、前回と同じエクササイズがあっても
次も同じ感覚が自分に起こるとは限らないんですね。
それは、自分が確かに変化している証なのでしょう。
今回のワークでは、続けることの意味が感じられました。

私の個人的な経験では、このワークはダンスというより、体を通した
”感情や心のエクササイズ”なのです。

色々な場面を疑似体験する事で、自分の未発達な部分を
成長させることにもなるのでしょうか。
この学びは、本来なら1週間おきに継続すると
ニューロンの経路が強化されて、自分のものとなるのだそうです。
プラスの経路の確立ですね。

一つずつのエクササイズが短いのも意味があるようです。
もし、自分の嫌だなとおもうワークが延々続いたら・・ストレスになってしまいます。
反対にいつまでもしたいワークもあるかも。
自分が「嫌だ、心地よくない」と思うことは
「たのしい、好きだ」と思うことと同じくらい
自分にとっては大切なことなのです。

それを教えてくれる、きっかけのエクササイズでもあります。

今回も、たくさんのハグとハートからの涙とこころの交流がありました。

人はつながりの中で生きている。

ひとりじゃない。

ということを、いつもこのビオダンサで感じることができます。
きっとそれを感じていることが、私には必要だからでしょう。

(ひとりずつがその時々に得る感覚は違うでしょう)



東京では海外からビオダンサの教師を招いての週末ワークショップが
年数回開催されます。
興味のある方は、参加しませんか?
私も、参加を狙っています〜^^

詳しくは ビオダンサJAPANサイトをご覧ください。

2回目のビオダンサWSを終えて

今帰ってきたばかりで、まだ緩やかな・・さざなみのような
あたたかい感覚にいます。

この感覚は、時間と共にゆっくり感じるのが良いらしく
すぐに言語化しないほうがいいのかもしれないけれど。
でも忘れたくないので、綴っておきます。

この暖かく、幸せなさざなみの後に起こる(起こらなくても)
新たな気づきはまた静かに感じるとしても、
今の感覚も忘れたくないから。



人それぞれに持ち帰る感覚はちがうけど
たいせつな感覚を思い出して
”なにか暖かいもの”持ち帰るのは、同じなのかも。

今日は、半分が前回参加者、半分が初参加の方で
その回ごとの出会いもあるし、空気も違って

今日はさらに自分の奥に深く入っていけたような気がしている。


最初の”ただ歩いてみるワーク”の時に
「歩くことさえしたくない自分」を感じて・・

(意識的に歩いてみてびっくり!朝から会場までたくさん歩いていたというのに!!)

すごく、力が入っている自分を感じて
今日はあまり動きたくない自分を尊重しようと思って
その自分をゆっくり感じていたら・・
だんだんラクになってきて
最後には
「もっとゆるゆるでいようよ〜」と自分と語り合うことができた。


最後に、みんなで手をつないで、輪になって引っ張りあいながら
ぐるぐる回っていた時とても楽しくて

「わたし、こどものときにこの感覚を知っていたよ!」と

ワクワクしながら思い出していました。


こどものときに、ふれあいを通して暖かさや安心感、
人とのつながりを自然に本能的に学んだことを思い出しました。

今日、思い出せたこの感覚、次回のビオダンサまで大切に
もっていたいな。






SeedsのHPはこちら


今日もまたベリーダンス♪♪♪

ベリーダンスの体験に行きまくりです!(と、いっても2回目か)
前回より近場で、自分の都合いい時間にやってたので
参加してみました。

前回の先生は、フィットネス系の(エアロビとかも教えていそうな)
元気のいい先生でした。
クラスもだいぶ進んでいるので、踊りもハードでけっこうお気に入りでした。

今回の先生は、地元の舞踊団に所属するダンサーなので、
また趣が違ってしっとりいい感じ。
最後には、先生の踊りを1曲披露してくださいました。
神様に捧げる踊りって感じでステキでした。

ベリーダンスには、激しいトルコ式とエジプト式があるらしく
トルコ式はステップも大きく、時には床を転げまわったりするような
激しい踊りもあるらしい。(先生談)

先生の教えているのはエジプト式で、大きいステップはなく、優雅なイメージがあった。(個人的な印象ですが)

以前ダンスのWSで知り合った友人に、「ステップが違うのよ」と聞いたことがあったかも。

先生が「その人その人の踊りがあるから、それを大切にして欲しい。
私が、”こうだよ”と直しても自分が”こう踊りたい”という踊りがあれば
それを尊重します。みんな同じに踊らなくていいんですよ。」

と一人のアーティストとして、感性を大切に、ダンスに真摯に向き合っているところがステキだし、共感できた。

そんなわけで、この教室に通おうかな〜と思いました。



しかし、このクラスの名前「ベリーダンス・アラウンド40」
(ターゲットは40−50代の主婦)

妖艶な(?)おばちゃま達の集まりになるのでしょうか?


発表会は恐ろしくて・・想像できないなぁーー(爆)自分の姿が!








ベリーダンス〜古代の英知〜

今日はベリーダンス教室に体験で参加しました!
久々に踊れて楽しかったです♪♪
1年ぶりくらいです。
ヒップスカーフをシャンシャンいわせて踊ると
なんだかいい気分♪♪
エネルギーがいい感じでまわってます。
(おへそは出してないでーす。無理!笑)

べりーダンスに限らず、様ざまなダンスブームが起こっているのも
偶然ではないはずです。私には必然に見えます。
今、女性たちのエネルギーをUPしなければならない時期だからだと思います。

べりーダンスはそもそも、女性の出産の苦痛を和らげるために
出産中に周りで女性たちが踊ったのだそうです。
また、結婚や出産の準備として各家庭で母から娘へと踊りが伝えられた
そうです。
女性ホルモンの分泌も良くなるので(本当です!!)
ストレス解消と美容と霊的なエネルギーUPにお勧めです。


最近興味のあること・・占星術、ダンス、太鼓、インディアンの儀式
など何の脈絡もないように思えますが
全て古代から大切に受け継がれてきた英知。
現代人の私たちには「科学」信仰があって、そんなの古臭い迷信!と
思ってしまうかもしれない。
でも、、本当に古代の人たちより、私たちのほうが優れているのでしょうか???
最近そんなことを考えています。

古代の英知の中にこそ、真実があるように思え
古いものから新しい智恵を学ぼうとしています。
エドガー・ケーシーの占星術論もなかなかおもしろそうです。
ふっふっふ〜〜〜

ビオダンサの後で・・

どんなワークにしろ、心と体が開く感覚はすてき!
その後はオーラもキラキラしています。

今日、ワークの後食事に出かけた先が少し薄暗い照明だったので
いろんなものが(!?)見えやすかったようで・・

以下親子の不思議会話

息子「今ぴゅーーんってピンクの光の球が飛んでった。」
母 「えっ?どこに?」
息子「かあちゃんの頭の上から」
母「へぇ〜〜。私のかな?今日ダンスしてとても嬉しかったからだよ。きっと」
母「じゃーオーラは何色してる?」
息子「いろんな色がいっぱいあるよ。」
母「やったぁーにじいろだね〜^^」

その後、二人で家族のオーラの色当てっこをしてから
元気玉投げっこ遊びをして
二人で空想(?)の世界を楽しんでました。
その間、となりで他の家族は・・・
「また始まったぜ(汗)」という反応。

レイキなどのエネルギーワークをしてる方は
自分のお子さんと、ぜひ気玉つくりをして遊んでみてください♪
ついでに作った元気玉を疲れているお父さんに被せてあげましょう^^
こどもなら実際に感じることができるし、反応がピュアなので
楽しいです。

ちょっと不思議な我が家の風景でした。



第1回 ビオダンサat 金沢

今日は、とても楽しみにしていた♪♪
ビオダンサの金沢WSが開催されました。

久保先生とお会いするのは初めて。
会場も始めて。
メンバーも初対面。
どんなワークになるのか・・ワクワクワクワク。(ダジャレじゃないよー)

松本さんが苦労の挙句、導きで見つけてくれた会場は
とてもキレイで気持ちのいい施設。

久保先生も体操のお兄さんを思わせる(誰とはいいませんが・・)
安心感と親しみを感じるお人柄。

最初は緊張していた人も終わりには
みんなの空気がやわらかーくひとつに溶け合って
笑顔もこぼれ・・それぞれの胸に
自分だけの”何か暖かい宝物”を持ち帰ったワークでした。

私自身も、いくつかのワークのなかで
自分のコミュニケーションの癖や
こうすればいいんだなっていう気づきもあり
前回のSANAEさんのワークとはまた違った
新しい体験をできました。
今日改めて感じたのは、このワークは感情の外側への開放と
自分の内面に入っていく内側のワーク
そして、人とのつながり(コミュニケーション)を感じられる
様ざまな要素が絶妙にミックスされた
素晴らしく、そして欲張りなワークだったんだな・・ということです。

その場にいるメンバーとの、そのときだけに起きる奇跡☆
毎回一度きりの二度とないワークになるのでしょう。

思いっきり「今、ここにいる自分」を
暖かいつながりの中で感じることができて。
今日は幸せな一日でした。
今日ダンスで結ばれたご縁に感謝です^^

今年中にぜひもう一度金沢で開催したいです。
実現しますよ!

今回参加できなかった皆さんとも、ぜひこの体験は分かち合いたいから。
北陸人にダンスムーブメントは必要だと思うのであります!

ずっとやりたくて暖めていたことが
県外に行かなくても、近頃急に地元でできるようになってきました。
思っていれば夢は叶うのですね。
最近、思わぬプレゼントも多く舞い込んできます。
今回のビオダンサのWSも
私にすると、突然現われたBIGプレゼントでしたプレゼント
宇宙銀行からの利子でしょうか〜?
これからもせっせと宇宙銀行に貯金します。えへっ楽しい


金沢初!!ビオダンサWS開催(ご案内)

知人の松本さんの主催でダンスムーブメント
「ビオダンサ」のWSが金沢で初めて開催されます!

”ダンス”といっても、先生のお手本にあわせてかっこよく踊る
ダンスではありませんよー。

私も大のダンス苦手人間。リズム感はほとんどありません冷や汗
でも、フリーダンスは大好き!
とっても感情の解放になる気持ちよいワークでお勧めです。
しかもグラウンディング力は強力です!

ぜひぜひご一緒しましょう〜〜


以下はビオダンサHPより抜粋しました。

●biodanzaのワークショップは教師の指導のもと主に3つのコミュニケーションのレベルでワークを行い、5つの”ヴィヴェンシア”(今、ここを生きていることを体感する)ラインと取り組みます。

●biodanzaは単なる精神的なアプローチだけではなく体を動かすフィジカル的なダンス、ワークだけでもなくそれらを踏まえたよりスピリチュアル的なものです。人との触れ合いによって抑えていた自分の感情を出し「自己開示」をしたり、ダンスを通し他人を受け入れることで受容や共感、愛を思い出させてくれます。

●ワークはゆったりとした無理のないペースでリードされ、自分達でさえ普段意識できなかったような内側から湧き出るような気付き、感覚、意思を味わいながら限界の範囲内で自分自身のダンスを踊り、決して自分の身体的・個人的限界を超えないように促されます。

●3つのレベルでのコミュニケーション

自分と自分、他者と自分、グループと自分

この3つのレベルでのコミュニケーションを体験します。


◎ビオダンサHPはこちら

日程・会場などの詳細はこちらをご覧くださいね

魂のダンス

神殿
週末は大阪・京都で過ごしました。
ダンス!するために♪

ベリーダンサーでヒーラーのアパレシーダの作る愛でいっぱいの空間は
安心して自己表現できるとっても心地よい場でした。
女性性のパワーを取り戻す方法を女神の神話をみながら学ぶわくわくするワークでした。
その中でも、クンダリーニエネルギーをUPするベリーダンスはとっても気持ちよかった〜。宇宙の英知としっかりつながり私たちは皆安全で愛されているんだって思えました。

会う人会う人なぜか前から知ってた?みたいな人達。
きっとどこかで神に祈りをささげるダンスを一緒に踊っていたんだねピピピ

体の動くのに任せてただ自分のために踊る。
踊りたいから踊る。
自分の魂がキラキラ輝いていくのがわかる。

目をつぶってひたすら自由に踊る時間もとても楽しかった。
自分のケアのために踊るヒーリングダンス。
これからも続けていきたい。

一緒に踊る仲間がいたらもっと楽しいね♪
一緒に踊りませんか?
ヒーリングダンス部作っちゃおうかなラブ

賛同されるかたはぜひぜひ〜

写真は最終日に女神のダンスを踊った神殿です☆
ベリーダンスのベールがキラキラ美しいデス。