石に会いに行く




休日に、石ともさんと糸魚川へドライブしました。

今回はした道でのんびりドライブ。

早朝出発したので、高速とさほど変わらない時間で行けた。

今回はどこに行くとも、何しに行くとも決めずに

なんとなくでかけた。

私は、セラピーで使わない石を2つほど返しに。

私が初めての海岸に連れていってもらう。

近くても海岸によって浜の石の様子が違う。

ヒスイマニアさんもしくは業者さん?もチラホラいる。(タモみたいのを持っているのでわかる)

遠くの方で親子連れが、拾った石を見せて何か聞いていた。

「これ、ヒスイですか〜?」

「いや〜これは違いますね。」なんてね。きっと。


そこの石は、中くらい〜小さい石が多くて。寝転がるにはちょうどいい感じでした。

お昼近くになると石もどんどん熱くなり、ストーンヒーリングに丁度いい温度。

いい温度の石の上に寝転がって、仙骨に乗せたり、お腹に乗せたり・・

足指に挟んだり。

これが本当のストーンセラピー。

昔、インディアンのメディスンマン達は、温かい石で病人を治療するときは

太陽で石を温めて体に乗せたそうです。

波の音を聞きながらのお昼寝。いい時間だった。

でも、真夏はやけどするからできないよ(笑)


次に、私がよく行った海岸に。そこの石は全体的に大きめ。

もって帰れないくらいの大きな薬石がごろごろしてる。

そんな石を見つけたら、座り心地がよさそうなのを見つけてしばらく座っている。

そうすると、痛みがなくなって、体がかる〜くなる。

今回もそうだった。


糸魚川の海岸ほど、多種多様な石たちに出会える場所はそうないと思う。

今回も2人ともおんなじ本を持ってきてた。

石のガイドブックを持って行くと、楽しい石観察ができて楽しいと思うよ♪

小学生も読める内容です。私は親不知の道の駅で買いました。¥300(2年前)



天然のストーンセラピーしに またのんびりと、出かけてみよう。


 

Seeds主催 6月のリンパケア講座日程はこちら

Healing space Seeds(シィーズ)のサイトはこちら

好評です♪5月限定ストーンヒーリング


↑1回のセッションで使用した石たちです。人によって若干異なります。



4月の体験メニューが好評で

5月いっぱい特別メニューで提供しているストーンヒーリング50分コース(特別価格¥5.000)。

着衣のまま気軽に受けられるストーンセラピーです。

温の石と冷の石を使用するのが通常のストーンセラピーですが、温の石と常温の石を使用します。

一般的にホットストーンセラピーで使用する玄武岩のほかに、大理石やジェイドなども使用します。


ストーンヒーリングは、特に神経系を癒しエネルギーをクリアにするのが得意です。

それだけでなく、最近は腰痛の方が多かったので、

うつ伏せでカルドニクスを使って軽くマッサージをすると・・・

あっという間に固かったところが柔らかくなり、エネルギーの滞りが良くなりました。

上半身の滞りが足まで抜けて流れるのがわかり、お客様もびっくり!

自分にもしてみたら、軽くころがすだけなのにみるみるゆるんで

石のヒーリング力の素晴らしさに驚いています。




カルドニクスです↑

不思議な石なんです。いろんな鉱物が入っています。



特にヒーリングが必要と感じる方には、スパイナルスパイラルというワンドで背骨のエネルギーを浄化後

セージでのスマッジングを行います。


先日のお客さまも、精神的にお疲れで・・とセッションを受けに来てくださいましたが

終了後は、とってもスッキリしてお帰りになりました。

温熱効果もあるので、からだも温まってぽかぽか芯から温まりリンパの循環もよくなります。



自分のケアをする時には、大理石(冷の石)を背中に敷いてしばらく寝ます。

すると、心身共にスッキリします。

大地の恵み、石たちの働きに感謝です。

「石」は「医師」。 ナチュラル メディスンなのですね〜^^


********************************************************


★期間限定 ストーンヒーリング 50分 ¥5.000★

お洋服のまま受けられる温熱ストーンヒーリングです。なるべく楽な薄手の服装、パンツスタイルでお越しいただくと快適です。




金沢市の自然療法サロン 
ボディーワークスペースSeeds(シィーズ)
 
お役立ち情報の提供とともに様々なワークショップ&セッションを提供しています。
毎月ある交流会もリンパケア、レインドロップなど充実しています。交流会で自分のからだ整えませんか?
  毎月の交流会、講座情報はこちら












 

魂がよみがえる♪「ラストーンセラピー」



石好きのお客様のご要望で、裏メニューの「ラストーンセラピー」のセッションをさせていただきました♡

ストーンたちとのセッションは、私にとっても滋養あふれる癒しの時間。

と書いて気づきましたが・・・どのセラピーも私も癒されるセッションでした!

特に石は持っている私もその波動でヒーリングされちゃいます。

お客さまはエネルギーに敏感なタイプ。以前レインドロップテクニックの元となったネイティブインディアンの儀式

レインバスセレモニーを受けていただいたこともあります。

レインバスセレモニーでは「頭頂が開いてスース―通る感じでした。すごくスッキリクリアになった。」そうです。

それがわかるお客様の感性がすばらしい。


今回のラストーンセラピーでは、セッション前はすっかり疲労困憊状態で、魂がどこかへ・・という雰囲気でしたが

セッション後は入魂された(笑)感じで、顔色も良くなり、目もイキイキ、魂がからだに戻ってきた感じでした。

体も軽〜くて温かい♪ってしあわせそうな笑顔を浮かべていらっしゃいました。


ラストーンセラピーは普通のホット―ストーンマッサージとは違い、ヒーリングの要素がたくさんあるセラピーです。

クライエントのエネルギーボディーのラインをつなぎなおし、チャクラをクリアにし、不要なエネルギーをワンド(パワーストーンの杖)を使って流します。

そんなことをしているって知らなかったですよね。石のヒーリングの恩恵がたっぷり受けられるセラピーです。

私は、クリスタルよりも素朴な玄武岩などの岩石が好き。グラウンディングをしっかりしてくれるからかな。

とにかく、精神的に疲労してる方には特にグラウンディング力の高いこのラストーンが合います。


ちなみに・・このラストーンのお試し版、30分のストーンヒーリングが(服を着たままで受けます)

4/30(土)10時〜16:30くらい

サロンで行う一日OPENイベント「魔女の玉手箱」で受けられます。


たくさんの石に囲まれて、ゴージャスなヒーリングうたたねをお楽しみいただけます♪

と〜っても気持ち良いので、ぜひ普段はしてないこのメニュー体験にきてください。

ご予約をお勧めします^^




金沢市の自然療法サロン 
ボディーワークスペースSeeds(シィーズ)
 
お役立ち情報の提供とともに様々なワークショップ&セッションを提供しています。
毎月ある交流会もリンパケア、レインドロップなど充実しています。交流会で自分のからだ整えませんか?
  毎月の交流会、講座情報はこちら


●ご予約おといあわせはここから



















 

宝石療法

 
「ヒデガルトの宝石療法」という新刊で出たので、さっそく購入してみました。

本を書いたのは、ヒルデガルト療法の第一人者で国家資格の自然療法士の方です。


世の中にはクリスタルセラピーの本は山ほどあって、いまさら珍しくはないのですが

この”ヒルデガルトさんが書いた”って言うところにヒットしまして。

ヒデガルトさんはドイツに実在した修道女で、ハーブ療法の本などを残されている

いまでいうサイキックヒーラーさん。

ハーブやクリスタルなど自然の力を借りて、難病を治癒に導いていかれた方です。


2月の終わりごろから、持っていたのに30年ほど一度もつけた事がなかった

ヒスイのペンダントを身につけ出して、いろいろ変化があったので、石の力を知りたくなりました。

(これをつけ出したのは、直感からのメッセージでした)


残念な事に、ヒルデガルトさんはヒスイはセラピーに使わなかったので

他の本を調べることになり、それで納得しました(笑)

つけるタイミングと石の効能が合致するとパワフルなんだわ!という感想です。


何年か前に、セッションとしては手放したクリスタルセラピーですが

手元に残ったクリスタル達を再びセルフセラピーに使う時期が来たようです。

久しぶりにとがったクリスタルで、ツボを刺激する療法を自分でしてみました。

刺激すると、不要なエネルギーがビーンと足から出て行くのがわかります。

しばらくマイブームになりそうです^^


ヒルデガルトさんの本でも

メノウはとても素晴らしいヒーラーで、レインバスセモニーにも使うのですが

お水にいれて飲み続けるとよい効果があるらしく

ペットボトルに入れて飲んでいます。


ヒルデガルトさんによると、ダイヤモンドは過食に良く、

身につけたり、時々舐めるとよいそうですよ。

それから、唾液の解毒効果についても少し触れていて興味深かったです。

ただ、内容のボリュームがもう少しあったらうれしかったです。

久しぶりに、自分でクリスタルを使う楽しさを 思い出させてくれた事に感謝です☆







ストーンウォーカー

私のストーンセラピーの先生は、 石と共に歩むストーンセラピストのことをそう呼びます。
(メアリー先生か、ジェニー先生か忘れちゃったけど)


石は道具ではなく、パートナー。

インディアンたちは、昔から石をメディスンとして使ってきましたし

石のことを「ストーンピープル」と呼びます。

石たちは私たちより、はるか昔から地球と共に生きてきた大先輩。

多くの智恵をもっています。


このところのストーンのセッションをみていると・・・

激動の最中の地球に、どのようにして、しっかり大地に立てばいいのか

自分の今までのポジション、軸、土台 を(何と呼んでもいいですが)

再構築する手助けを ストーンピープルはしてくれているように見えます。



セッションを終えて、石を温めていた大きなタライを抱えると

ひとお産終えた産湯を抱えているような、ほっとした幸せな気分になります。








石からのメッセージ

新月の浄化も済んで、石たちはますます元気です。

なんだか、私たち人間を助けたがっているように感じられます。

今日のセッションを終えて、いつものように一つ一つの石たちに感謝しながら

洗って水に漬けてあげて話しかけていると・・

私の問いかけに答えてくれるかのように、急に「石たちは私たちを助けたがっている」

という閃きがきて、私のハートを直撃! 突然、涙があふれてきました。

石たちの(自然界全体の)大きな愛にハートが反応したんです。



そういえば、先日ヒスイ海岸へ行ったときに、おもしろいことがありました。

ともて大きな薬石があって気になったので、その上に腰掛てみると

とても強力なエネルギーに包まれました。しばらくたたずんで、波で石のぶつかる石響きに聞き入っていました。
(石はぶつかるとエネルギーを発しますので、その波動がまたすごいんです)

あの海岸は、いるだけで ほわーーんとエネルギー酔いします。


そして、わたしがここの石たちとヒーリングすることの許可と協力を祈りました。

すると・・・帰ろうとしたときに、今までなんともなかったブーツの両底が

次々にべろんと取れてしまったのです。(笑)

これが石たちからの返事なのなら、了解の印だったのでしょう。

自然(創造主)は、時にお茶目ないたずらで私たちを驚かせますよね。


今にして思うと、それは 「あたらしい土台を築きなおす。」とか「古い土台を捨て去ること」

を意味しているように思いました。


だって、その壊れたブーツはもう何年も前に買ったのですが・・・

そんなに気に入ってないけど、あまりはいてなくて新しかったので

捨てられなかったブーツなんです。

底が取れると、意外に軽くて歩きやすかった。



石にまつわる、不思議なお話でした。 



薬石ストーンセラピー

 薬石と玄武岩


ストーンセラピーを終えて、水の中でリラックス中の薬石と玄武岩たち



今月の期間限定メニュー、ストーンヒーリングですが、石によってかなり作用が違う印象です。

暖めの遠赤効果は玄武岩が(通常のストーンセラピー)抜群なのですが

体調の優れない時は、薬石ヒーリングは強力なデトックス効果があります。

とにかく、排泄力。

普通のトリートメントでは施術後に、トイレに行かない方でも、

大抵ストーンセラピーの後は、ほとんどの方がトイレに行かれます。
(代謝があがっているのでしょうね)

それが・・薬石ヒーリングだと、その数倍の感じです。

実は、ストーンセラピーでは施術者も石で癒されるので、ヒーリング効果を感じるのですが

今日のセッションでは、私もお客様と同じくらい、施術後お手洗いに通いました(笑)

こんなセッションは、そうありません。

私自身にも、必要なセッションだったのだと思います。


最近は、ますます岩石が好きになってまして。

いつかきっと、全て地元の石でストーンセラピーをしたいなぁ〜と夢見ております。

その、第一歩が、この薬石ヒーリングなのですが。




実はこのヒーリングのために、薬石を集めていたわけでなく

あるとき石を眺めていたら、ぴったりに石がペアで揃っているのに気づいたんです。

ストーンセラピーでは、相当量の石がペアで揃っていなくてはできないので、

自分で揃えるのは大変なのですが、自然に揃っていたんです。不思議!


これは、石からのメッセージだと思いまいした。

そんな、自然の流れで始まった薬石ヒーリング。必要な方がいるんだなと思います。

石はいつも、そっと、でもわかりやすく、私にメッセージをくれます。

エサレンの海岸で、岩の上に並べてあった2つの玄武岩。私にこの石を使いなさい。と

石が言っているように思って、その石をいただき、日本に帰ってからストーンセラピーを学んだのが

私が石使い(?!)に、なった始まりでした。



じんわーーっと、からだの奥まで癒される(優しいけど深くて時には強力)

薬石ヒーリング。体調に合ったアロマオイルも合わせて使用しますので

元気になりたいなぁという時に、受けてみてください。


玄武岩と薬石、二つのコースを受け比べるのもいいです。


(基本的に、初めてストーンセラピーを受ける方は、玄武岩をお勧めしています。)


このコース、期間限定なのですが、残してください!というお声をいただいておりまして

検討中です。










 
~ Seedsのサイト~ 

Hearing Space Seeds 


 

満月と薬石風呂



 今日は、111111と1が6つも並ぶ日で。(100年に一回の日だそう!)

しかも、満月となんだかおめでたい日でしたね。

毎回、満月だからといって、必ずしもエネルギーが高まるわけではない私でしたが・・

(新月の時のほうが元気な時もあります)

今回ばかりは、なぜだか1週間前くらいから、めっちゃ元気になってきてました。

いつも、我が家のお風呂で活躍してくれている薬石も、今日はとても元気だったわ。

吸収が良い日だし、薬石効果もいっそうUPする♪と思って、いろんなところに当ててみてました。


この子は、陰陽のはっきりしたバランスのとれた薬石です。

姫さん2

片面が虎模様で、片面が白。


姫さん1 姫さん3

形がラグビーボールに似てるので、ラグビーくんと呼んでます。(まんまだ!)

姫さんは、白い色のほうがラジウムが豊富と、ニニギさんが書いていらっしゃいました。

そこで、今日は胸腺やお腹、首の後ろ(後頭骨)に白いほうを意識して当ててみました。


そして・・首の後ろに枕の様に当てていた時、面白い現象が!

実は、お風呂の準備してる時、左のおでこをぶつけて大きなたんこぶができちゃったんです(涙)

腫れて、ポコッとしてたんですが

おでこの前がジーーーンと緊張してきて、内側がぎゅぎゅっと動く感じがして

(松果体が反応してる時と同じ感じ???)

しばらくすると、たんこぶが半分ぐらいになっちゃった。

びっくり〜

イガイガしてた、咽も和らぎました。

あとは、おとなしく寝て、明日のあさ様子を見ます。

それでもだめなら、レイキ会なので、みんなにヒーリングしてもらいますっ^^

打撲の手当ては、そのときはたいした事なくても、迅速に!後の影響がおおきいので。

皆さんも要注意です。


満月の影響は、まだ11/12中もあるので、薬草や薬石風呂ぜひお試しください〜





薬石(ラジウム)は不思議

 今年に入ってから、石の導き(特にラジウム石)のおかげで、良い情報や出会いがある。

私のアンテナが石に向いているからか、大地(地球)からのメッセージを受け取っている方が

多いからなのか、最近ラストーンやレインバスのお客様も多い。

家族のがんが治癒に至った情報もラジウムから繋がったものだったし。

(詳しくはこちらの過去の記事にあります)

そのおかげで、友人や知人にもその情報を伝える事ができ、友人も切らずに澄んで

医師が首をかしげている。


完治はしたものの、1年以内は様子をみようと、引き続きサプリと通院を続けている家族のために

平行して続けているラジウム温泉はちょっと遠いので
(金沢市内では浅野川温泉の一部の湯にラジウム泉がある)

自宅で入れたらとラジウムの出る鉱石を探していて出会った石がある。

私は家族のためにと探していたのだが、

実は、私が探す10年も前から家族は職場の人にもらったという花崗岩(地元)の

石をもっていて、既に風呂に入れていたという。(驚き〜)

しかも、時々痛いところに乗せたりして痛みを和らげるのにも使っていたそう。

自分の身内ながら、私より先に薬石療法をしてたなんて。ちょっと驚いた。(血は争えないねー)

その石がアトピーにもいいというので、借りてしばらく私のうちでもラジウム湯をしてみました。

ラジウム鉱石

右-花崗岩、左-自然石
同じラジウム石だけど陰と陽の感じが出てますね。
実際に放射してるエネルギーも違う感じ。

私の印象は 右の花崗岩のほうが熱くなる感じと、ピリピリ感が強い。
指を乗せてると、すぐ指の内部(表皮ではなく)が熱くなる。

一方、左側の薬石のほうはもう少し穏やかな感じ。でもしっかり熱くなるし
からだもよく反応している。

私の個人的な体験ですが、痛むところに当てておくと、数分で痛みが和らぎました。
(もともとのからだの状態で、個人差はあるとおもいます。体調が悪い時ほどわかりやすいです)



これらの薬石、細胞の再生に役立つらしく、がん細胞や、被爆した細胞を癒す力があるらしい。

ラジウム温泉は、国が戦後被爆者の方々のための治療施設として、推奨していたそうです。

放射能かな?と思ったら、ラジウム温泉に入ったり、ラジウムの自然石を当ててみる。

大昔から、石を使って病を癒してきた民族は世界中にいる。(漢方でも、インディアンの伝統でも)

石を使いなさいと、大地が教えてくれているように思う。


さまざまな作用が期待できる薬石。

ネットで購入するのもいいけど、これからの連休に

地元の川原などへ出かけて花崗岩などを拾ってみるのもいいアウトドア活動になるかも。


特定の産地にこだわるより、自分の住んでいるところの近くの石の方が

きっと波動もなじみやすいはず。

拾う時は、採取禁止地域とかではないか気をつけて、自然に感謝して地球からお借りしていこう。



*** ちなみに、私は石をうちに連れて行くときは、その石に許可をもらいます。私がしているエサレンマッサージの発祥地にいた、エサレン族のインディアンは獲物をとるときは、必ずその動物や植物に意志でコンタクトをとり感謝して狩りをしていたそうです。そうやって、自然界を大切にしていたんですね。
そして、そのときでなくていいけど自分のできる時に、鳥のえさを蒔いて来たりして自然に感謝を示します。インディアンの智恵です。***




冷やす 究極のケア


ラストーン大理石


 この美しい石たちは、うちの子達で(なぜか石のこととなると擬人化)

ラストーンセラピーの隠れた主役たち「大理石」ちゃんたち。(カルドニクスちゃんもいます=丸い子)

あれれ?このしゃべり方は・・・ご存知の方はすぐわかるわね!
(卒業生ならわかるはず)

と、おばかな独り言はやめて。(失礼しました)



今日ラストーンセラピーのお客様が帰れられた後に

冷の石で使う大理石が、冷やしたままたくさん使われずに残ったので

メアリー先生は(ラストーンの創始者)、セルフケアに冷たい石の敷石で毎晩セルフケアしてる。と

言ってたのを思い出して、冷えた大理石をベッドに並べて寝てみました。

ついでに腕が張っていたので、強めに冷たい大理石でリリースしてみました。

先日の筋膜リリースセミナー後、仙骨やお尻周りが変化し続けているので

なんだか落ち着かない感じでした。からだの変化に感覚がついていってない感じ?!


それが、10分ほど横たわって起きたら、からだが軽くてしっくり来る感じに。


石のパワーはすごいな。私がどうこう考えてすることなんかより、ずっと偉大。

自然の調整力は全ておまかせでもちゃんと整う。

神経的な調整も同時にされていた。


その後、このからだの感覚をしっかり落とし込みたくて30分位歩いた。

歩くのが楽しかったし、びゅんびゅん大またでどこへでも行けそうだった。



ところで、「冷やす」ってからだに悪いと思われがちで

「トンデモナイ!!!」ってお叱りをうけるかもしれませんが


ラストーンでは、冷の石は究極の血行促進ケアとして用います。

ひどく癒着した組織や、痛みの強いところ、冷えの強いところは

一度暖めた後、しっかり短時間冷やします。


そうすると、冷えた部分に脳が”すごく冷えてる緊急事態!!”ってその場所に

血液を総動員して集結させるんです。ブラッドソルジャーの話として

わたし達は学びました。


すごーーーく、こってるところは、暖めて効果がなかったら、冷やしてみてください。

特に肩なんかお勧め。

セラピストさんで、腕がパンパン。なんて人も冷やすといいです。



 




 
~ Seedsのサイト~ 

Hearing Space Seeds