よもぎオイルを作りました♪〜自然療法のお手当〜

  

先日のMRTマスター練習会で福井のインストまりっぺさんからいただいた

よもぎオイルがあまりにも心地よかったので。私もつくろー!と

昨日、よもぎ採取に医王山の麓に出かけました。

くもっていたけど久しぶりの秋の野山。気持ちよかったです。

一度も刈られていないよもぎは、もう花が咲いて枯れかかっているものもありましたが

刈られて再び生えた葉は、まだ柔らかかったです。


麓とは言え人影が全然なく、クマよけの鈴などなにも持っていかなかったので、

大声で歌いながら歩きました(笑)

目標は300gだったのですが、帰って計ると倍の600gありました。

なかなか集まらないかと思いましたが

野草酵素作りの草摘みで鍛えられたせいでしょうか・・意外に早く採れました。

数年前に、入浴剤用のよもぎ取りをしたときに、もっと下のほうの茎から刈ったら

冬ごもりの準備に虫がたくさんくっついてて、取るのに大変な思いをしたので

今回は風通しのよいところに生えた、上の方5センチぐらいを取ることにしました。

おかげで今回ははまったくいません。


これを水で洗ったあと水気をよく切って拭きとり、太白ごま油でエキスを抽出します。



土鍋に太白ごま油を入れ、よもぎを浸してごくごく弱火に30分かけます。

温度は書いてなかったけど、自分の感で50度くらいまでかなと思って

土鍋に素手で触れるくらいの温度を保ちました。

もしかしたらもっと低い温度かな〜???

素手でしばらく触れていられてアチッとなる位が50〜55度くらいだと思います。

60度になると触ってすぐ熱さを感じるので、ずっと触れていられません。


 30分後はこんな感じ。(実際はもうちょっと緑色してます)

 深い緑色のオイルができました。

  
私はよもぎ600gに1L強の油で、だいたい同量のよもぎオイルが採れたとおもいます。

今月号の「あなたと健康」に作り方が紹介されています。



しぼった残りのよもぎは、佃煮にできるとあり、少量作ってみましたが・・・

秋のよもぎではムリでしたー 苦すぎ〜〜〜

春のならだいじょうぶかしら?



オイルはさらっとしていて、よもぎの香りが心地よく(私はすき!)

かゆみや、乾燥などいろいろこれからの季節に重宝します。

香りで気持ちも落ち着きますニコッ


たくさんできたので、サロンにいらっしゃる方で使ってみたい方は、実費でお分けします。

とても心地よいオイルなので使ってみてよかったら、ぜひ自分でも作ってみてください。

私の冬の基礎化粧品は、びわ葉焼酎漬けエキスが化粧水で、保湿がこのよもぎオイルで足りそうです。

それも、思いついた時だけですけど(笑)




金沢市の自然療法サロン 
ボディーワークスペースSeeds(シィーズ)
 
お役立ち情報の提供とともに様々なワークショップ&セッションを提供しています。
毎月ある交流会もリンパケア、レインドロップなど充実しています。交流会で自分のからだ整えませんか?
  毎月の交流会、講座情報はこちら










 

やけどの時のとっさのお手当 (キッチンで)


久しぶりに揚げ物油でやけど。


それもかなり、油が飛んだどころではなく・・・

ジューっと中指の第1関節を油につけてフライしちゃったアセアセ

こんな時に限って、ラベンダーが手元にない!

そこで、しなびたキャベツの切れ端があったので、指にぐるぐるまき〜




青物の葉やこんにゃく、豆腐、陰性のものなら何でもよいです。

前にやけどした時はトウモロコシの葉っぱを巻いたことも。


時々、当てる面を変えながら、葉っぱは小さいので2枚かえました。

調理はこれで続行、ずきずき感が減ったので、食事を始めてしばらくして取ってみると・・



 

もうすっかり赤みもなく、炎症が収まっていました!


調理中に、すぐ手当ができなさそう!とおもってもあきらめずに

手元にあるもので試してみてください。

ラベンダーもいいけど、青菜湿布は困った時に助けてくれる優れたお手当。

また、今回も実感しました。



金沢市の自然療法サロン 
ボディーワークスペースSeeds(シィーズ)
 
お役立ち情報の提供とともに様々なワークショップ&セッションを提供しています。
毎月ある交流会も気功、リンパケア、レインドロップなど充実しています。交流会で自分のからだ整えませんか?
  毎月の交流会、講座情報はこちら





 

熱源と調理器具のからだを温める違い

体を温める炊飯の仕方は・・ 

 炭火+土鍋>ガスコンロ+土鍋>ガスコンロ+ステンレス鍋>炊飯ジャー>HIコンロでの調理 ではないでしょうか。

私の個人的な想像も入っていますので、正確ではありません。

でもお米の甘味が違います。安いお米もおいしく炊けます。 一度ぜひ試して自分のからだで感じて判断してください。

参考までに
<私のお米の炊き方・白米>
お米とお米の1.2倍の水をお鍋に入れて(固めが好きなら同量)、しばらく浸水。
点火して沸騰して来たらごく弱火で20分。(ふたは開けない)土鍋の時は10〜13分。
20分にならなくても、蒸気の香りでおいしいお米の炊ける甘い香りになって来たり、少し焦げるにおいになっていたら 火を消して10〜15分蒸らす。
蒸らしが終わったら、しゃもじで釜返ししておく。

お鍋でお米を炊く方が、炊飯器より早いです。しかもおいしいです。


毎日でなくても、時々食べられるだけでもからだは違うとおもうんだけど。(私も最近は熱いので炊飯ジャー)

ひとによって合うものが違うので、自分のからだが何を求めているかの見極めが必要です。

私は2泊3日の若杉おばあちゃんの合宿で、3食究極の温め料理を食べた時、 3日目はちょっと細胞が締まりすぎる感じ?で辛くなりました。
蓄積した動物性たんぱくが体から抜けてない人は、こうなっちゃうらしいです。(現代人のほとんどですよね)


男性が玄米ごはんんがおいしくないのも、このあたりに関係しています。

男性はそもそも女性より陽性なので白米より陽性の玄米はおいしくない。夏なんかは特に。

夏ってだけも温まる(陽性)なのに、そんな時にもっとあたたまるものはいりません。

男性が女性より夏の熱さに弱くて、夫婦や職場で冷房の温度でけんかになるのはこういうわけなんですね。

冷房の温度でけんかになる理由は体質の違いなので、ご主人や職場の上司の性格のせいではないんです。

個人を責めないであげてください。



からだ(体質)は人それぞれ違いますから、好みも違ってきます。

だからおいしく感じる味付けだって違うのです。

平安時代は、食事には味は付けず、ご膳に塩やもろみのようなものを別に付けて、食べるひとが好みでつけて食べたそうです。

現代もそれでいいと思います。素材の味が引き出される程度に味付けをしたら、

あとは食卓に塩、味噌、酢、しょうゆなどをおいておき、各自が体質に合うように味を加えたらよいのです。



このように、体質の違いによる自分との違いをわかってあげられたら

夫婦関係、親子関係、そして職場も平和になることが多いのです。




****************************************************************************


スパイスデトックストリートメント、さとう式リンパケアの筋肉をゆるめる基礎講座が始まります!
ご家族や、おきゃくさまに施術できるようになる筋ゆるセラピストの基礎講座です。
詳細はこちらです。http://news.seeds.main.jp/?eid=1265196



金沢市の自然療法サロン 
ボディーワークスペースSeeds(シィーズ)
 
お役立ち情報の提供とともに様々なワークショップ&セッションを提供しています。
毎月ある交流会も気功、リンパケア、レインドロップなど充実しています。交流会で自分のからだ整えませんか?
  毎月の交流会、講座情報はこちら

きseedsのさとう式リンパケアの活動はこちらのブログで紹介しています。
さとう式リンパケア セルフケアマスターしずのリンパケアblog
 

痛風の時の食事とリンパケア

家族の痛風の劇的治癒について

リンパケアblogの方に書きました。

http://ameblo.jp/seeds333/entry-12049447871.html

疲れが出てくると、肝臓、腎臓の働きも落ちて

ちょっと食事で負担がかかると、それが引き金で痛風が出るのがうちのパターンですが

日ごろから、肝腎のお手当をちょこちょこしておくと良かったなーと

症状が出てから思うのでした。

こんにゃく湿布やアロマセラピー、いろいろ簡単にできることがあるからその助けも借りつつ

からだの声をききつつお食事をとりたいです。


そのために、やっぱり基本は「あたまをからっぽ」にしてからだに聴くこと。

一日のうち、すこしでも「ぽかん」とできる時間をたいせつにしたいです。

女性は特に、生理中「ぽかん」とすごしてください。 

男性は、寝る前に「ぽかん」を大事にしてください。

生活のリズムが整ってきますよ。



金沢市の自然療法サロン 
ボディーワークスペースSeeds(シィーズ)
 
お役立ち情報の提供とともに様々なワークショップ&セッションを提供しています。
毎月ある交流会も気功、リンパケア、レインドロップなど充実しています。交流会で自分のからだ整えませんか?
  毎月の交流会、講座情報はこちら

きseedsのさとう式リンパケアの活動はこちらのブログで紹介しています。
さとう式リンパケア セルフケアマスターしずのリンパケアblog

メール不定期でメールマガジンの発行をしています。
登録はこちらからどうぞ!






 

梅を干す



今年は土用干しができなくて

今ごろに干しています。

変わりやすいお天気の合間をみながら。

下漬けの時には
重石を取るのがおそかったから

かなりしわしわになっちゃった、、

太陽の光を浴びて少しはふっくらしてくれたらいいな。


お弁当用が主なので、中〜小さめの紅さし、石川6号という品種を初めて漬けました。


どんな味の違いがあるのか、それも楽しみです♪

最近は八百屋さんがなくなって、野菜の事を聞きながら買い物したりすることもないですが

JA でお買い物すると、スタッフさんも詳しくアドバイスくれたり
自分の野菜を搬入してる、生産者さんをつかまえて直接聞けるから

新鮮なだけじゃない、プラスアルファの買い物ができる良さがあります!

梅の品種も、自分の好みや使い方でスタッフのおばちゃんに(私もおばちゃんだけどねー)アドバイスいただけて良かったですよ♪

地消地産、身土不二ですな〜

若杉おばあちゃんの冬の食養講座 綾部

私が9月に参加した、食養講座合宿の冬の講座のお知らせが来たので転載します。

綾部の自然のなかで、過ごす3日間は心とからだの滋養になるでしょう。


〜以下転載内容〜


¨¨¨¨¨きらり上林のイベント案内¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨



◆冬の食養講座 開講!◆

2泊3日 冬の食養講座のご案内です。



日時 11月2日(土)〜11月4日(月・祝)

参加費 2泊3日 21000円(8講座・6食付き)

会場 綾部市観光センター

定員35名 

宿泊先 上林山荘(宿泊費別途 2泊6300円)

申し込み ホームページ「イベント案内」から「冬の食養講座」をご覧ください



スケジュール



【11月2日(土)】

 12:30〜13:00  受付(昼食はございません)

 13:00〜13:30  オリエンテーション

 14:00〜15:00  講座?食の講座   担当:齊藤典加

 15:30〜18:30  講座?料理教室   担当:栗山 美穂

 18:30〜       夕食

 19:00〜19:45  講座?食と環境の講座 担当:栗山 和久

 20:00〜      宿に移動  あやべ温泉 入浴

 22:00〜       就寝



【11月3日(日)】

 8:00        朝食

 9:00〜10:30  
講座?体の講座  担当:石部ルーシー

 10:30〜12:00  講座?陰陽初級講座 担当:若杉 友子

 12:00       昼食

 13:00〜15:00  講座?手当法講座  担当:齊藤 典加

 15:30〜18:00  
講座?料理教室   担当:酒井 貴美子 

18:30〜       夕食

 20:00〜      あやべ温泉 入浴

 22:00〜       就寝 



【11月4日(祝)】

 8:00〜        朝食 

 9:00〜12:00    講座?黒焼き玄米茶づくり   担当:齊藤 聖也

 12:00        昼食

 13:15〜      若杉ばあちゃんの講演会 「こうして作れば医者はいらない」

 14:45        休憩

 15:00〜16:30    質疑応答・体験談

 16:30        終了 解散







◆若杉ばあちゃん講演会IN綾部◆

 若杉ばあちゃん講演会 第4弾!!「こうして作れば医者はいらない」野菜や野草のお手当の話し

 ご希望の方は、往復はがきでお名前、住所、連絡先、参加人数を明記の上、10月25日までに着くように送ってください。

 返信はがきが受付票(チケット)となります。お席は自由席となります。当日は土鍋、竹炭、書籍、黒焼き玄米茶等の販売がございます。

 定員 100名 定員になり次第締め切らせていただきます。当日は書籍・土鍋・黒焼き玄米茶などの販売あります。

 

 日時  11月4日 月曜日・祝日

 参加費 1500円



 申し込み 往復はがきで申し込んでください

      〒623‐1131

      京都府綾部市睦寄町山内31

      きらり上林 まで



 【スケジュール】

 12:00     開場・受付 

 13:15     講演会 

 14:45     休憩 

15:00    体験談・質疑応答

 16:30     終了







¨¨¨若杉ばあちゃん情報¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨



◆若杉ばあちゃん公式ホームページ◆

ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、おばばちゃんのホームページを紹介します。

主に全国で開催する講演会の案内と皆様からのQ&Aの掲示板です。



http://www.wakasugiba-chan.com/

若杉おばあちゃんの食養講座その3

三日目の朝は、何人かで散策に出かけました。途中でヨモギと立派な栗を拾いました。


前日おばあちゃんから、どんな栗を拾ったらいいか、食べた後の栗の皮の利用法など教わったばかり。
何でも木になる実は(果実) 、人間の手の届く所の物だけ食べていい。それより上の実は猿や鳥の物。

昔は果物はからだを冷やすから、沢山食べると病気になると言われていて、食べ過ぎるなという戒めでもあったようです。

栗は帰ってから茹でたら甘くて食べごたえがありました。
ヨモギは1日ビニールに入れられカバンの中でぺちゃんこだったのに、出してみると生き生きしてて香りが凄くよい。

上林の自然の豊さ、土の生命力の力強さを実感しました。

三日目の午前は、のりかさんによるヨモギを使ったお手当て講座。

足湯、腰湯、ヨモギ湿布のお手当てを参加者をモデルに実演。(腰湯は真似だけ)
家で帰ってから、風邪気味の家族に早速お手当てできました。



午後からは、若杉おばあちゃんの講演会。
私たち35名のほか、全国から70名の参加者が約100名集まりました。

若杉おばあちゃんの食養は、限界集落といわれた上林地区のいまや村起こしとなっている。

今ではおばあちゃんのような暮らしをしたいと、全国から移住する若者がふえ、たくさん子ども達も産まれているそうです。

今回の合宿では、興味志向を同じくする人達と交流でき、楽しい時間が持てました。

来年もまた合宿に参加したいね!とまた全国に仲間達は戻って行きました。


3日間、良質の陽性食三昧をして腸内は一皮むけました。
体がぎゅーっと締まってくる感じがありましたが、からだはホカホカ、気持ちは落ち着いて平和な感じで、動物性の食事の陽性の感じとは明らかに違います。
いい感じで、力が出る。元気になる。

ただ、私には少し陽性過ぎたようで、帰ってからポテトサラダや酢の物の陰性食を欲しました。

食べたら自分的には、いま丁度な感じです。

貴重な合宿でした〜(*^O^*)

10月に2日の連続講座で、大阪での食養講座もあります。そのほかの地区でも続々講座があります。
お近くで興味のある方はぜひどうぞ。
詳細はこちらです

若杉おばあちゃんの食養講座その2

京都綾部市の食養講座から帰って、一週間経ちました。

日々の食事を完全に若杉おばあちゃんの推奨する、体を温める陽性食にするのは、なかなか難しいのですが、これまでの方法とミックスしながら取り入れ、体調を観察しています。

今までわからなかった、微妙な変化がわかり楽しいです♪


食養講座二日目、午前は「黒焼き玄米茶作り」と煮出し方&試飲



普通は3〜4時間かかる作業ですが、3段階前もって火入れした玄米を準備してくださり、炭とガスで煎りました。

全員が帰って作れるように、交代で煎ります。玄米に何れくらいの熱が加わるといいか、足りないかなど温度を手でたしかめたり、本ではわからない貴重な体験ができました。

黒焼き玄米茶は私には美味しく、体調が少し陰性気味だった様です。

血液を薄くしないお茶の飲み方も教わりました。

その後の尿の観察で、かなりの解毒力を実感しました。


午後からは、乳ガンをおばあちゃんの食養と抗がん剤治療で克服された、石部ルーシーさんの体験談や人体と月や自然界のリズムのお話。
落ち着いた物静かな話し方が印象的な、ルーシーさんです。


その後は、いよいよ若杉おばあちゃんの
「陰陽ことはじめ」の講座です。

おばあちゃんが登場すると、会場の空気は一気に活気づきました。すごいパワーです(^o^)
こえが大きくて、元気いっぱい!

おばあちゃんは、時々脱線してお話が飛ぶらしく、最初にのりかさんから「陰陽のお話をお願いします。」と念を押されてたのが可笑しかったです。

食べ物が、人の手を離れて機械化され工場生産されてるようになっている事の危機感。
マクロビオティックの世界も、産業の一つになっていて残念な事。

ナス科の野菜や砂糖を取りすぎて、女性の子宮が冷蔵庫みたいに冷えてるひとが多く、婦人科系の不調が起こりやすい事など
多くのことを語ってくれました。

最近は全国を走り廻っているおばあちゃん。日本の食とその土台となる農業がこのままじゃいけない、早くなんとかしなきゃ!と熱いく語っていらっしゃいました。

だから、ただ話だけ聞きに来る人や帰りにパンやお菓子を買って帰るひとは来んでいいい!と。激をとばしておられました。

ここで話をきいたら、どんどん実践して先頭に立って自分の代わりになる人が育って欲しいと。
それだけ、おばあちゃんは本気で私たちに伝えて下さっているんです。

かなり、ドキッとした人がいたはず(笑)
私もお土産は栗饅頭がいいかな〜(*^.^*)と考えてたひとりです。ごめんなさい。

さて、さすがにきっちり陽性食2日目の体調は、、ぎゅーっと関節、筋肉、体液ともに濃縮されてきた感がありまして
ちょっときついかな、大丈夫かな〜と少し思いましたが
反面、穀物菜食での陽性食ではこんな感じに体調変わるんだ!と

動物の陽性食とのからだと心の反応の違いを楽しく観察していました。(*^.^*)


二日目の朝食
貴重なおばあちゃんの 7年物梅干しがついていた。種のなかの仁が美味しくて♪
昆布の佃煮、蓮根の金平、マコモいり時雨味噌など丁寧につくられた陽性おかず達。
毎朝、スタッフの皆さん朝早くから準備ありがとうございました。



二日目のお昼
おばあちゃんからお料理を習い独立された生徒さんの食養弁当



夕食 ↓
手打ちそば美味しかった!
食養の料理勉強中のご近所のお店やさん
が用意



毎回、丁寧につくられた心のこもったお料理に満足でした。毎回お腹いっぱいです。


貴重な紅玉さん




「野菜は小さいものを選ぶ事」


と上林の食養講座の一番最初の講義で、買い物の仕方を若杉おばあちゃんの娘さん、のりかさんの講義で教わる。

最近の野菜は、どんどん品種改良されて
昔の野菜と比べて外見は同じでも中身は別物。種も出来ない様にした、エネルギーのない野菜ばかりだそうだ。

品種改良が進んだ物程、大きく癖もない。

何より、科学肥料を使っていると大きくなる。そういわれてみると、無農薬、無科学肥料の野菜は小さい。

また原種に近いほど、植物は小さいものが多い。

園芸の花もそうなのだが、ハーブは園芸種の原種であることが多く、花は小さくてとても地味だ。その代わり、原種らしく香りは力強い。野菜も同じだ。

だから、陰陽で見て陽性を選ぶということは、原種に近い、エネルギーを凝縮した物を選ぶという物差しにもなるようだ。

例えば林檎。

大きくジューシーなふじや新しい品種がスーパーでは主流。

林檎はふじなんか買わずに、小さくてうま味のギュット詰まった、昔ながらの紅玉を食べるんだよ〜とおっしゃっていた。

その紅玉、今日偶然に入ったスーパーで運良く規格外品を特売でゲット!!(^o^)

紅玉って、最近はなかなか見かけない入手困難品。

引き寄せたわよ♪

甘酸っぱくて、濃厚なうま味に満足でした。

大人買いしたので、明日は土鍋でコンポート作ります(*^^*)

若杉おばあちゃんの食養講座 その1








京都綾部市の山奥で3日間、秋の食養講座合宿に参加しましてきました。
若杉友子おばあちゃんの娘さんが主宰する「きらり上林」の企画です。

上林の田園風景は、懐かしい日本の風景。
こんなに豊かな場所があるなら日本はまだまだ大丈夫と思うと同時に、日本の食の土台を守るためにも、大切な農業を守っていかなきゃ。と思いました。

この3日間に期待したのは、講座の内容だけでなく、豊かな自然の中で過ごす事と温泉に入る事、そして3日間の食養の食事で体調にどんな変化があるかが楽しみでした。

一日目は、おばあちゃんのお弟子さん、酒井先生のマコモづくし料理教室。

今年はマコモまだ食べてなかったから、ラッキー!♪

これがマコモです↓


食養料理の切り方、下ごしらえの仕方、炒め方、火の使い方、土鍋の使い方が勉強になりました。


マコモの玄米ご飯、マコモの団子汁、マコモのマリネ、マコモとあげの煮浸し、イヌビユの佃煮、リンゴの包み揚げ、マコモ茶と沢山のメニューでした。



全て土鍋で調理します。土鍋でコトコト火を入れたお料理は、優しい味がして体だけじゃなく心もほっこり暖まりるようです。

お腹いっぱいになった後は、宿泊所に移動。男性、女性に分かれての大部屋に雑魚寝。
女部屋32名は入りきらず5名は別室に。


大部屋にずらり並んだお布団を見るのは、修学旅行以来。

宿の送迎で、あやべ温泉にも行きました。
お月見しながらの露天風呂は最高でした。

二日目以降のレポートはまた次回に。

1