AH(アティチューディナル・ヒーリング)グループのこと

 

ご訪問ありがとうございます。

金沢市でロルフメソッドというこころとからだの成長と統合のワークをしている

ロルフシィーズ堀内しずえのブログです。

 

 

 

 

 

外出自粛が続いていますが、自宅が仕事場で元々あまり外に出かけない私は

 

そんなに大きな生活の変化がありません。

 

最近ではオンラインで参加できるグループが増えたので、遠方で今まで参加できなかった

 

セラピストの交流会やアロマセラピー講師の勉強会などにも参加できて、むしろ今までより活発な感じがします。

 

その中でも、ありがたいのがAHのスカイプグループです。

 

スカイプグループは以前から時々ありましたが、Skypeの利用に苦手感があって参加できずにいました。

(昔はうまく繋がらなかったり、ログインできないなどトラブルが多く)

 

地元にAHのグループがないので、近くても関西方面に出かけないといけないのが残念でした。

 

今は、対面のグループは休止してるので、2、3日ごとにどなたかがグループを開催されています。

 

グループは入門講座を受講した人か、アティチューディナルヒーリングの入門書、「恐れを手放す」

 

を読んだ人が参加できるのですが、講座や本でグループのガイドラインや、アティチューディナルヒーリングの原則を

 

丁寧に確認して認識を共有しようとします。

 

これは、人のためというより自分の心を平和に保つために役立ちます。

 

人を変える事は出来ないけど、自分の世界の見方が変われば、自分の心を平和にできるかもしれない。

 

それをやってみようという人が集い、お互いの話をただただ聴くグループです。

 

そういうと、カウンセリングの傾聴や自助グループと一緒なのではないか?と思われるでしょう。

 

でも、わたしには全くちがいました。(実際にちがうのです)

 

過去にカウンセラーの勉強で傾聴の練習もしました、マインドフルネスの合宿でも自分の話をする会に参加しました。

 

どちらも、聞き手はアドバイスも評価もしません。ですから、安全な場であるはずです。

 

でも、何か違っていました。話して余計に傷ついた感じがしたり違和感がのこったことがありました。

 

それは、形だけの安全な場だったからなのかもしれません。(その時の自分の世界の見方なのかもしれませんが)

 

人は言葉でなくても何かを察知する能力を持っていると思うんです。

 

言葉にしなくても、温かい気持ちはちゃんと場の雰囲気で感じられます。例え姿が見なくても。

 

AHグループでも、アドバイスや評価なく話を聞きます。ひとり一人が自分のこころを平和にする

 

練習として相手の話に耳を傾けるので、話している人は、聞いてくれている人の心の雑音があまり聞こえてきません。

 

だから、話した後気持ちが暖かくなるのだと思います。

 

今日も、特に辛いことがあるとか、話したいことがあったわけではないけど

 

グループに参加して、いろんな人の話を聞いてみんなそれぞれの場所で

 

毎日一生懸命生きているんだなと、気持ちがポッと暖かくなる事ができて

グループの存在をありがたく思いました。

 

 

最近、アティチューディナルヒーリングの入門ワークショップをzoomで始めているようです。

 

気持ちがポカポカする入門ワークショップに参加してみられるの良いかも。

 

こんな時だからこそ、安全で自分のことを話せる場って必要だと思います。

 

 

AHjapnのサイトhttp://www.ah-japan.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

現在セッションはお休みしています


営業時間・サロン場所・連絡先のご案内

営業時間 午前9時〜夜9時 

夜(18時以降)のご予約は当日午前中までにお願いいたします。当日のご予約はお電話が確実です。

(メールはすぐ対応できないことがあります)

 

ご予約は下記お問い合わせからメールでどうぞ。(24時間受付 3日以内にお返事を差し上げています。

返信がない場合は迷惑メールホルダーをご確認の上、お手数ですがお電話をください)

 

メニュー / アクセス / お問い合わせ / 電話 09094476510  非通知設定の電話は繋がりませんので、設定をご確認ください。   

 

 

 RolfSeeds(ロルフシィーズ)

 

ロルフメソッドの10セッションシリーズは10回で姿勢を整え機能的に動けるようにしながら心を解放して自由にしていくセッションです。 制限がなくなることで、思考や行動が変わり自分の潜在能力を発揮していけるようになります。

 

初回体験セッションを特別に¥7500で受けられます

自分に合うかどうか、どんなセッションか第1回目のセッションを体験として受けていただけます。

1回目は表面の筋膜の固まりをゆるめ、エネルギーをUPするセッションです。体が軽くなったり、

どっしり地面とのコンタクトを感じたりその方に必要な変化が起こります。

 

 

〇ロルフメソッドについて詳しく知りたい方はこちらのサイトをご参考に

私が所属する教育団体 日本ロルフ身体構造統合協会 JISIのサイト

 

一生成長

 

ご訪問ありがとうございます(^^)

金沢市でロルフメソッドというこころとからだの成長と統合のワークをしている

ロルフシィーズのブログです。

 

 

 

京都の植物園で撮ったコスモス(画像が横向きにしかならないけどきれいなので・・)

 

 

 

わたしは、来月56歳になります。

 

昔は、スゴーーーく「おとな」な年齢だと思っていました。

 

肉体はどんどん「おとな」になるのに、思考やパターン、習慣はそれほど変化しない。

 

自然におとなにはならないのかもしれない。

 

どこか過去の時点で、成長が止まっている(フリーズしている)ところがあるんだなぁと思う。

 

それなら過去から離れたらいいんだけど、それがね・・簡単ではないからみんな苦しい。

 

でも!

 

苦しみ続けるか、そこから離れて気分よくこころ平和でいるかは ”自分で選択できる。”

 

いつでも、どんな状況でも、どんな相手であっても。

 

相手のせいで・・どうにもならない状況だから・・と思う時

 

それは、自分がそういう見方を選択をしてるのだから、そこから出られない。

 

 

 

最近、ネット上のコミュニケーションで、難しさを感じるケースに出会った。

 

当然私のこころは静寂や平和から離れる時間が増えた。

 

 

普段、日常のストレスはこんな感じで起こり、心から平和な時間が減り、

 

過去に起こったアレコレに思いが釘付けされて

 

そこで止まってしまう。

 

 

 

こんな時に「AH=アティチューディナルヒーリング」が役に立った。

 

自分のこころの平和を選択することを試みる。

 

どんな出会いでも、その中に自分を信じて(それは相手の中の光を信じることでもあるけれど)

 

愛をもって接するという難しい選択ではあるけれど

 

それをやろうとする強い気持ちを育てる練習の機会になりました。

 

 

この考えを提唱している、G・ポルスキー氏のメッセージ「いつもこころが平和な人などいない」の中で

 

彼はこう言っています。

 

「誰も、いつも平和な人などいません。

私はマザー・テレサやダライ・ラマに会ったことがありますが、彼らも常に平和なわけではありませんでした。

でも、彼らがそちらに向かおうとする意志は、とても強力でした。

ですから、私たちは皆プロセスの中にいるのです。私自身もプロセスの最中だし、皆さんもプロセスの最中です。」

 

(続・怖れを手放す アティチューディナル・ヒーリング入門ワークショップ ボランティアトレーニング編 水島広子著

より引用)

 

 

ジェリーは現在94歳です。

 

94歳のアティチューディナルヒーリングの創設者がおっしゃる言葉。

 

とても深いです。

 

 

一生勉強、一生成長。

 

まだまだ私も、出逢う人も皆、肉体を離れるまでプロセスの途中です。

 

56歳まだまだひよっこです。

 

そう思うと、気が楽なってきました (^^♪

 

 

 

 

アティチューディナル・ヒーリングのことを人に話すとき、説明が難しかったのですが

 

「心の姿勢」をどう持とうとするかの練習、と言ったらすっきりしました。

 

「こころの姿勢をどうもつか」ではなく、「どう持とうとするか。」というところが大切なところ。

 

違いは、「持つ」=持たなければいけないとういう強制ではなく、

持とうと試みる=持っても持たなくてもいい。

 

どうするかは自分に任されて自由である。という大きな違いがある所が私はとても好きなんです。

 

 

 

 

 

 

 

  RolfSeeds(ロルフシィーズ)サイト

 

〇ロルフメソッドは10回でからだと心を解放して自由にしていくセッションです。

 制限がなくなることで、思考や行動が変わり自分の潜在能力を発揮していけるようになります。

 

自分に合うかどうか、どんなセッションか第1回目のセッションを体験として受けていただけます。

1回目は呼吸を楽に、エネルギーをUPするセッションです。

 

 

〇ロルフメソッドについて詳しく知りたい方はこちらのサイトをご参考に

私が所属する教育団体 日本ロルフ身体構造統合協会 JISIのサイト

 

 

頭の中のおしゃべりがやむ時

ご訪問ありがとうございます(^^)

金沢市でロルフメソッドというこころとからだの成長と統合のワークをしている、ロルフシィーズのブログです。

 

 

(金沢市の鈴木大拙記念館の水鏡の庭です。静寂を味わえる素晴らしい空間を一度ぜひ訪れてみてください)

 

 

 

最近、人の話を聞くときに、その人の話している時のエネルギーを感じるようにして聴いてみます。

 

話している表面的な言葉、感情そのものより、その奥にあるその人の魂のひかりそのものをジャッジメントなしで感じること。

 

それを積み重ねていくと、おもしろいことが起きます。

 

話してくれている人が、とても愛おしい存在におもえる瞬間がたくさんあります。

 

それと同時に日常では、習慣的に無意識にしている「自分のダメ出し」に気づいたら

 

「いいの。いいの。私だって人間なんだもん。」

 

「よく頑張っているよ。」と自分に声をかける事を繰り返していたら・・・

 

頭の中のおしゃべり(判断や評価、ダメ出し)が、だんだんなくなって静かになってきました。

 

そうすると、こころは 穏やかな湖みたいになる瞬間があるんだなとわかりました。

 

自分のこころの平和のために、行動を起こしてみると世界が次第にやわらかくなっていくようです。

 

AH(アティチューディナルヒーリング)的な話の聴き方、まだまだ日々練習中です。

 

 

 

 

  RolfSeeds(ロルフシィーズ)サイト

 

〇ロルフメソッドは10回でからだと心を解放して自由にしていくセッションです。

 制限がなくなることで、思考や行動が変わり自分の潜在能力を発揮していけるようになります。

 

自分に合うかどうか、どんなセッションか第1回目のセッションを体験として受けていただけます。

1回目は呼吸を楽に、エネルギーをUPするセッションです。

 

 

〇ロルフメソッドについて詳しく知りたい方はこちらのサイトをご参考に

私が所属する教育団体 日本ロルフ身体構造統合協会 JISIのサイト

 

 

 

 

1