冬の気候とからだの変化

 

久々に所用のため京都にでかけました。

いつ見ても、”でっかいろうそく” 京都タワー。

夜見ると、意外にきれい。

この大雪でJRは遅れ気味(行き40分、帰り10分)

帰りに乗車予定だった、高速バスは・・・

「今日中に着ければいいかな。」くらいの到着時間未定運行で

すぐさまキャンセル。

バス運転手自らが「冬の高速バスはあてにならんよ。」とおっしゃる。その通りですわ。

乗るなら、それを承知で乗るべしということね。




ともかく、この大雪に、昨夏の猛暑。

気候の厳しさはハンパない感じで、自然とともに生きてる私達にも

「一緒に大きく変化するんだぞ!」と変化を促してくれてるようです。



からだの中の自然気づいていくことで

なにものにも依存しない自らの感覚を磨き、「自立」すること。が今年のテーマ。

この寒さをどう春に向けての変化に活かすのか。

自然の後押しを受けて、自分なりに感じて実践していこう。




環境は「冬」なんだけど、からだの変は

もう春の準備にボチボチ入ってる時期だそうです。

暖かい部屋に引きこもってないで、時には雪の寒さで身を引き締めることも

春への変化には必要に感じます。


とにかく、せっせと雪かきしよーっと!

充実感もあるし
無心で雪をかいてると、楽しいものね 














コメント