あくびの効能

今日の気楽の会は、最初に「あくび」をゆっくりして緩み、からだを感じたりしました。

頭や首、肩、腕の関節の(それこそ全身も)緊張を緩める一番簡単な気功は「あくび」。

なんとなく夏の疲れが取れないという時は、日中の温度(暑さやエアコンなど)のストレスも影響しているかもしれません。

からだがずっと緊張していると、血流や胃腸の働きも弱ってきてむくみやだるさになって現れます。

最近、アロマトリートメントに駆け込んでくるお客様も、むくみやだるさを訴えている方が多いです。

あくびをするには、楽に座れる姿勢をとって、ぽかんと口を半開きにして頭を天井に向けて口から息を吸ってみてください。

何回かしていると自然にあくびが出てきます。お風呂でやると出やすいかもしれませんね。


あくびを気持ちよくした後、頭や首、肩を感じてみましょう。

あくびをする前よりずっと緩んで楽になっています。 涙や、鼻水まで出てきたら上等です。

からだが緩むと・・・気持ちもほわっと柔らかくなっていませんか?

からだの働きで無駄なものなど何一つありません。


夜なら寝る前に沢山あくびをして、緩んでぐっすり眠ると疲れを持ち越しません。

昼間にすれば、無駄な緊張が取れて、緩んだ後は仕事や勉強の集中力が増します。

あくびだけでは物足りない時は、あくびの後ゆーーーっくり首を回します。

そのあと、眠くなったら、耳をこすって活性するとやる気がでます。どうぞお試しあれ!


気楽の会では、毎月こんな風に簡単にできる、生活に溶け込んだ気功、手当て法を紹介しています。


来月は日曜日に開催しますので、土曜日で参加できなかった方もこの機会にどんな集まりか

みにきてください。初めての方も歓迎です〜

同好会のような気軽なかんじでいつも集まっています。


次回 気楽の会


10/14(日) 午前9:30〜11:30(12:00くらいに延期になる場合が多い)


参加資格 どなたでも

参加費 千円

世話人は NPO気功協会 会員です。

こちらの気功の学校教える で学んだ気功を実践しています。

「気功の通信講座Self」 が10月スタート生募集中。おすすめの講座です。

私も春に引き続き再受講の予定です。


コメント