ロルフメソッド(筋膜リリース)について

いつもご訪問ありがとうございます♪

 

からだから、心とエネルギーをベストバランスに整えるボディーワーク 

「ロルフメソッド」サロン Seedsシィーズセラピストしずです。

 

 

5月に入って初めてのブログです。

 

ここ数か月のロルフメソッドのクライエントさんは

 

自分の人生に、今までにはない変化を求めている方が多く感じます。

 

 

ロルフメソッドは、重力に対するからだの抵抗を減らしていく手技療法で

 

体が整うのはもちろんですが、内面も同時に変化していきます。

 

なぜなら、ふだん私たちは姿勢を保つのに、なんと!!脳のエネルギーを90%以上消費しているそうなんです。

 

姿勢が重力に対して無理なく維持できるようになると、

 

からだの治癒や消化、思考などにそのエネルギーを使えるようになるからかもしれません。

 

 

 

 

いままでロルフメソッドについて詳しく書いてあるページがなかったので、

今日は改めて紹介したいとおもいます。

 

ロルフメソッドは、手技的には「筋膜リリース」という手法を使って筋膜の癒着を溶かし、

体液の循環が滞っている所に流れを促すと共に、動きのスムーズな繋がりを取り戻して

からだの構造を整えるアメリカ生まれの整体法です。

 

 

ロルフメソッドのロルフは、この手法の創設者、生化学者アイダ・ロルフ博士の名前に由来します。

 

別名ストラクチャーインテグレーション(S.I)、ロルフィングと呼ばれることもあります。

 

(この手法は、現在2つの団体が受け継いでおり、一方の団体が「ロルフィング®」を商標登録しているため

他方の団体はロルフィングという名称を使いません。

因みに私はストラクチャーインテグレーション、ロルフメソッドを名乗る団体の施術者です)

 

 

ロルフ博士は、このメソッドを世界中の人が受ければ、世の中から争いが無くなり平和に貢献できる。と思っていたそうです。

(ものすごくざっくりした要約ですみません!)

 

なぜなら、くっついて偏った筋膜を伸ばして体を垂直に整えると、からだを重力が抵抗なく通り抜けていくので

 

からだは重力と戦うことがなくなり、軽く自由になるのです。

 

からだの感覚は、精神にも大きな影響を与えます。その感覚が安心感や平和な感覚とつながるのだと思います。

 

 

私はこのメソッドを受けて「からだは精神の器」という感覚を初めて体験しました。

 

アロマトリートメントやエネルギーワークでも経験したことがありません。

 

 

言葉では知っていた「グラウンディング」「センタリング」もメソッドを受けてからだの感覚として実感できました。

 

 

最初のセッションでグラウンディングを体験し始めて、次第にセンタリング(中心の感覚)を見つけ始める方を今まで何人も見てきました。

 

 

重力がからだをうまく通り抜けると、重力の中にありながら無重力感を感じるのが不思議です。

 

それが、からだの軽さや気分の爽快さとなって感じるのでしょう。

 

それは、慣れてしまうとわからなくなるのですが「からだが無くなる」感覚って想像できるでしょうか?

 

自分の意識はここに存在するけど、からだは無い感じです。

 

私はまだ全身が無くなった感覚はないのですが、脚がなくなったり、腕がなくなったりの感覚がありました。

 

とても不思議な感覚ですが、体験するかたもいらっしゃいます。

 

全身のなくなる感覚(透明になるような、重さや感覚がなくなるような)は

 

「瞑想」していた時何度か体験したので、きっとそんな感じなのかな・・と思います。

 

 

これらのからだの感覚が、思考にどんな影響を与え、行動を変えるのか。

 

私の体験を通して、次に書いていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

営業時間・サロン場所・連絡先のご案内

営業時間 午前9時〜夜9時 

夜(18時以降)のご予約は当日午前中までにお願いいたします。当日のご予約はお電話が確実です。

(メールはすぐ対応できないことがあります)

 

ご予約は下記お問い合わせからメールでどうぞ。(24時間受付 3日以内にお返事を差し上げています。

返信がない場合は迷惑メールホルダーをご確認の上、お手数ですがお電話をください)

 

メニュー / アクセス / お問い合わせ / 電話 09094476510     

 

 

 ボディケアスペース Seeds(シィーズ)

 

 

 

ロルフメソッドについて詳しく知りたい方はこちらのサイトをご参考に

私が所属する教育団体 日本ロルフ身体構造統合協会 JISIのサイト

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント