のどの痛みに「指湯」(ゆびゆ)♪

いつもご訪問ありがとうございます。
からだから、心とエネルギーをベストバランスに整えるボディーワーク 
金沢市の「ロルフメソッド」サロン Seedsシィーズセラピストしずです。

 

 

 

「指湯(ゆびゆ)」って知っていますか?

 

「足湯」は、わりとメジャー、「手浴」(ハンドバス)は、まあまあ知られてる?

 

でも、「ゆび」だけってしたことがない人が多いとおもう。

 

でも、これ一番かんた〜んです♪

 

だって、お湯とカップがあればできるんだもん(^^)

 

 

10ミリの精油のボトルくらいの小さなカップでできました。

(今回は精油のうがいにも助けてもらっています)

 

 

そいういう私も、必要性を感じず、してみたことがなかった・・(えへへ)

 

いや〜、たいしたことないんじゃないの?!って ちょっとなめてましたわ(笑)

 

今回指している「指」は親指です。

 

親指は体の反射区で言うと「頭部」。

 

親指の付け根辺りにはのどのポイントがあります。

 

ここを温めるのは、絶対効果があると思いました。

 

昔、この反射区の刺激ですごく助かったからです。(そのエピソードは後半にあります。)

 

指湯は首から上の不調をバランスさせたり、活性するのにおすすめです。

 

 

 

程よい温度のお湯をカップに入れて

 

 

 

 

 

指の付け根まで浸します。(今回はのどの反射区を温めたかったので)

 

 

程よいころ上げると、丸で囲んだところが赤く温まりました。

 

そして・・・呼吸も楽に喉も、鼻もす〜っと通るようになりましたよ。

 

もう少し大きいカップなら、両指入れて、出した時に色が赤くない方をもう少し長くつけるといいかも。

 

これを1日数回すると、より良くなるはず。

 

 

全身温めればいいのでは? と思うかもしれませんが、一気に局所に血液を集めることでその場所の自然治癒力を高めて

 

治癒を促進するのが狙いなので、全身温めちゃうと効果がうすれてしまうようです。

 

 

イライラする〜、落ち着かない、元気が出ないなど緊張を弛めたり、活性しいたときにさっとできるので

 

オフィスや家事の合間なんかでもできると思いますよ。

 

侮るなかれ、親指を温めるといいことがあります。

 

 

 

・・・・ 喉がらくになったエピソード  ・・・・・

 

今回のど風邪をひくのは、おそらく20年ぶりくらい。

 

子供の頃から喉が弱くて、すぐ喉が腫れていました。

 

大人になっても、体質が変わるまでは、風邪をひくと咳がなかなか治らなかった。

 

ある時、あまりに長期間喉が痛くて、2〜3日声が出なくなって困った時がありました。

 

その頃は、仕事で電話受付もしていたので、咳が止まらなかったり、声が出くなるのはとても不都合でした。

 

そこでその時に勉強中だった、リフレクソロジーの喉の反射区を藁をもつかむ思いで刺激してみました。

(足と手の両方しました)

すると・・・20分もすると声が出るようになったんです! 

 

その時は、すごく驚いてリフレクソロジーってすごい!!って感激したのを思い出します。

 

 

 

 

 

 

営業時間・サロン場所・連絡先のご案内

営業時間 午前9時〜夜9時 

夜(18時以降)のご予約は当日午前中までにお願いいたします。当日のご予約はお電話が確実です。

(メールはすぐ対応できないことがあります)

 

ご予約は下記お問い合わせからメールでどうぞ。(24時間受付 3日以内にお返事を差し上げています。

返信がない場合は迷惑メールホルダーをご確認の上、お手数ですがお電話をください)

 

メニュー / アクセス / お問い合わせ / 電話 09094476510  非通知設定の電話は繋がりませんので、設定をご確認ください。   

 

 

 ボディケアスペース Seeds(シィーズ)

 

〇ロルフメソッドは10回でからだと心を解放して自由にしていくセッションです。

 制限がなくなることで、思考や行動が変わり自分の潜在能力を発揮していけるようになります。

 

自分に合うかどうか、どんなセッションか第1回目のセッションを体験として受けていただけます。

1回目は呼吸を楽に、エネルギーをUPするセッションです。

 

 

〇ロルフメソッドについて詳しく知りたい方はこちらのサイトをご参考に

私が所属する教育団体 日本ロルフ身体構造統合協会 JISIのサイト

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント