旨味と香りと脳

 

 

 

最近ハマったものには、共通点がある事を発見しました。

 

「紅茶」と「出汁」

 

精油は香りだけなのですが、紅茶と出汁は舌で旨味を感じることができます。

 

ただ、その旨い!と感じるには嗅覚が関わるので、香りもセットになります。

 

本当に香りの良い美味しい紅茶をいただくと、鼻の奥から脳みそがジーンとします。

 

それは、幸福感です。ドーパミンやセロトニンが分泌されるそうなので

 

脳が満足して、そのおかげで気分が落ち着いて、集中力がでます。

(無駄にスイーツを欲しません)

 

最近は美味しく紅茶を家で淹れたり、美味しい紅茶専門店巡りをするのが愉しみです。

 

でも

 

有名店に行って、がっかりする事もありました。

 

紅茶も一期一会。

 

美味しい茶葉と、美味しく淹れられる温度やタイミングで味が随分変わってしまいます。

 

 

先日、京都へ行った時にあるお店で出された紅茶が、葉をずっと入れたままでも苦くならず

 

思わず店主に質問をした事がありました。

 

店主によると、ちゃんと高い温度でいれたら、時間が経過しても苦味は出ないのだそう。

 

私が選んだ、キャンディー春摘みという珍しい茶葉の特徴があったとしても。

 

「私は絶対苦味は出しません。」と自信を持って言い切るオーナーさん。紅茶愛を感じました。

 

だって、店名が「tea horic」うなずけます。

 

自信を持って、でも押し付けでなく、専門家としてお客様に気持ちを込めた一杯を提供する。

 

そのプロフェッショナルな凛とした姿勢。

 

私もプラクティショナーとして見習いたいと、良い刺激をもらえました。

 

 

 

お出汁の話はまた今度。

 

 

 

RolfSeeds(ロルフシィーズ)サイト

 

〇ロルフメソッドは10回でからだと心を解放して自由にしていくセッションです。

 制限がなくなることで、思考や行動が変わり自分の潜在能力を発揮していけるようになります。

 

自分に合うかどうか、どんなセッションか第1回目のセッションを体験として受けていただけます。

1回目は呼吸を楽に、エネルギーをUPするセッションです。

 

 

〇ロルフメソッドについて詳しく知りたい方はこちらのサイトをご参考に

私が所属する教育団体 日本ロルフ身体構造統合協会 JISIのサイト

 

 

コメント